Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【巨人】53年ぶり月間20勝ならず…田口麗斗が5回3失点、得点は岡本和真の一発のみ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 広島4―1巨人(30日・マツダスタジアム)  巨人は広島に敗れ、連勝は2でストップした。9月は月間19勝で、川上哲治監督が率いた1967年(V9の3年目)以来53年ぶりとなる月間20勝はならなかった。  先発の田口麗斗投手(25)は、4回まで広島打線を2安打に抑えていたが、5回に捕まった。1死一、三塁で田中広輔内野手(31)の投手ゴロ併殺崩れの間に1点を奪われた。さらに2死一塁で鈴木誠也外野手(26)に左越え2ランを浴びて、この回合計3点を失った。さらに6回には2番手の田中豊樹投手(26)が押し出しを与えた。  巨人打線は初回から毎回出塁したが得点を奪えず、5回までに7残塁。6回以降は8回2死から岡本和真内野手(24)が放った左越え24号ソロの反撃がやっとだった。  ◆1967年の日本 プロ野球では巨人がパ初優勝の阪急と日本シリーズで対戦し、4勝2敗で3連覇を達成した。世間では、「パーマン」「天才バカボン」「ルパン三世」「あしたのジョー」がそれぞれ連載開始。サッカーの三浦知良が2月26日、8月18日に清原和博が生まれた。  ◆巨人の9月戦績(19勝6敗1分け) 1日 ○3―2DeNA(東京ドーム) 2日 ○3―1DeNA(東京ドーム) 3日 ○13―4DeNA(東京ドーム) 4日 ●4―5阪神(甲子園) 5日 ○11―2阪神(甲子園) 6日 阪神・雨天中止(甲子園) 7日 ○3―2阪神(甲子園) 8日 ○2―0中日(ナゴヤドーム) 9日 ○5―4中日(ナゴヤドーム) 10日 △2―2中日(ナゴヤドーム) 11日 ○2―1ヤクルト(東京ドーム) 12日 ○5―4ヤクルト(東京ドーム) 13日 ○3―1ヤクルト(東京ドーム) 15日 ○6―3阪神(東京ドーム) 16日 ○7―6阪神(東京ドーム) 17日 ●0―11阪神(東京ドーム) 18日 ●0―6DeNA(横 浜) 19日 ●1―7DeNA(横 浜) 20日 ○5―0DeNA(横 浜) 21日 ○10―3広島(東京ドーム) 22日 ○5―4広島(東京ドーム) 23日 ○7―3広島(東京ドーム) 25日 ○8―4中日(東京ドーム) 26日 ●2―3中日(東京ドーム) 27日 ○5―1中日(東京ドーム) 29日 ○6―1広島(マツダ) 30日 ●1―4広島(マツダ)

報知新聞社

【関連記事】