Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヘンリー王子が延期になったイベント参加者に向けて、心温まるメッセージをシェア

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

他の公共イベントの多くがそうであるように、傷痍軍人たちが競うスポーツの世界大会「インビクタス・ゲームス 2020(The Invictus Games 2020)」も延期された。が、開会式が行われるはずだった日に、ヘンリー王子が特別に録画したビデオメッセージが、同組織のインスタラムでシェアされた。 【写真】ファンが捉えた、見たことのないロイヤルファミリーの瞬間 ヘンリー王子(Prince Harry)は、戦争で負傷し障害を持つ世界中の元軍人たちを支援するため、「インヴィクタス・ゲームズ」を設立。パトロンを務めるだけに、開会式が行われるはずだった日にメッセージをシェアしたいと思ったのは当然だ。

「インヴィクタス・ゲームズ」の公式アカウントが「#IG2020は、今年ハーグで開催される予定でした。しかし、延期になってしまった同イベントに対して、インヴィクタス・ゲームズ・ファウンデーションのパトロン、サセックス公爵が、競技者とその家族や友人たち、障害あるいは病気を持つ元軍人の男女を応援しようとしていた世界中の人々を支援するため、ビデオメッセージをシェアしました」と、紹介。 特に、ヘンリー王子は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で「私たちの生活は一変しました」と、述べた。 ヘンリー王子は3月に、大会延期を明かした。「皆さんと皆さんの家族、大会に関わるすべての人々にとって、これがもっとも合理的で安全な決断でした。大会開催に関わるすべての団体、特に参加者がパンデミックによって受ける影響を制限するため、参加各国のチームと協議し、地元や国当局と密接な連携をとった結果、この決定が下されました」と、語っていた。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR.com

【関連記事】