Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「填める」:この漢字、自信を持って読めますか?【働く大人の漢字クイズ】

配信

集英社ハピプラニュース

読めそうで読めないあの漢字、読めているはずだけど自信がないこの漢字。目についた今が、復習のチャンス! 大人のための今更漢字力検定、今回はこの漢字! >>漢字クイズ一覧はこちら!

今日のお題【填める】。

「填める」、正しく読めますか? 土がついているので「うめる」と読みなくなる気持ちもありますが、間違いですよ。それは「埋める」と書きます。

■ヒント

「填める」はこんな意味を持つ言葉です。 <1>ぴったりと合うように入れる。 <2>おとしいれる。だます。 (集英社『国語辞典』[第3版]) この2つの意味は大ヒントですね。どちらの意味でも、よく使うあの言葉と言えば……? 例文も見てみましょう。

■使い方はこう!

「久しぶりにお気に入りの指輪を填めてみたら、入らなくなっていた」 「寒かったので手袋を填めて通勤した」 「まんまと敵の罠に填められた!」 さあ、わかりましたか?

■正解は…

正解は、「はめる」 でした! こんな字を書くんですね。なかなか漢字を見かける機会がなかった人も多いのでは?

■ちなみに……これも【はめる】と読むって知ってた?

「嵌める」も「はめる」と読みます。意味も使い方も「填める」と同じ。 どちらも読めるようにしておきましょう!

■【嵌める】と間違えそうな漢字

なんとな~く「嵌める」と似た雰囲気のこの漢字は「とがめる」と読みます。 意味は <1>相手の過ちや罪を取り立てて責める。 <2>怪しく思い問い出す。 <3>自分のしたことがよくなかったと思い、心が痛む。 <4>傷やはれものなどが悪化する。 (集英社『国語辞典』[第3版]) 間違えそうな雰囲気のある感じは、まとめて覚えてしまうのが◎! 「填める(はめる)」「嵌める(はめる)」「咎める(とがめる)」の3つ、ぜひ今日のうちに覚えちゃいましょう♪ 取材・文/田畑紫陽子<BAILA>

【関連記事】