Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

素材の持ち味を生かした焼き菓子【ジンジャーベイクショップ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファンファン福岡

 福岡市地下鉄箱崎九大前駅2番出口から徒歩約7分。女性の店主が手作りしているパウンドケーキやマフィンが評判の焼き菓子店「ジンジャーベイクショップ」を訪れました。

 たどり着いたのは箱崎3丁目のレトロなビル。2階の突き当りの白い扉に「Ginger BAKESHOP」の文字が見えます。

 扉を開けると奥のキッチンから「いらっしゃいませ」と声がして、同店の店主、井手徳子さんが笑顔で迎えてくれます。

 井手さんは以前、東京で会社勤めの忙しい日々を送っていたとか。「通勤の途中、焼き菓子店から漂う甘い香りに癒やされました」と当時を振り返ります。専門店のパウンドケーキの味に出合い感動したのが、この世界に飛び込むきっかけだったとか。「自分でパウンドケーキを焼こう!」と起業を決心した井手さんは、大手製菓専門学校に通った後に、出身地である福岡市に戻り、2017年12月にこの店をオープンしました。  「ひと切れで満足感があるパウンドケーキ、ストレスがたまっている人が食べておいしいと思えるケーキを作りたい」と話します。

 中央のディスプレー台にはパウンドケーキが10種類並んでいます。  どのパウンドケーキもそれぞれ小麦粉の種類、バター、牛乳、卵の量や配分を細かく変えているとか。1種類ずつ、丁寧に作られています。

 訪れたのは正午すぎでしたが、箱崎を散策中の女性客やカップル、福岡市外から訪れたスイーツファン、近所の常連客などが次々とやって来ました。次の週のパウンドケーキを予約していく人もいました。

 個性的なパウンドケーキは、どれも素材の持ち味が生かされています。    ココナツの風味がクセになる「ココナッツラズベリーケーキ」(税別360円)、生地にサワークリームをたっぷり使った「サワークリームシナモンケーキ」(同)、ケシの実の食感が楽しい「レモンポピーシード」(同)。  しっとり濃厚な「チョコレートケーキ」(380円)、宇治抹茶と緑茶を使った「グリーンティ」(同)、低温で長時間焼いた「ラムフルーツケーキ」(同)、酸味が爽やかな「ダブルレモンケーキ」(同)など、全部買って食べ比べしたくなります。

【関連記事】