Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

亀梨和也“ホンモノの事故物件”生中継で人形に襲われる!? 映画『事故物件 怖い間取り』完成記念イベント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

亀梨和也主演のホラー映画『事故物件 怖い間取り』の完成記念イベントが21日(火)、都内で行われた。 【写真】生サプライズも、イベントで笑顔を見せる亀梨和也 「事故物件住みます芸人」として活動する松原タニシの実体験による著書『事故物件怪談 怖い間取り』(二見書房)を実写化した本作。ホラー映画初主演となるKAT-TUNの亀梨和也が売れない芸人・山野ヤマメを演じ、事故物件で巻き起こる様々な怪異に遭遇する。 完成記念イベントでは、亀梨和也をはじめ、奈緒、瀬戸康史、江口のりこ、木下ほうかなど豪華俳優陣が集結。トークコーナーでは、亀梨が普段移動用に使用している車が故障したり、奈緒が夜にトイレで男性の幽霊を目撃するなど”撮影中に本当に起きた恐怖体験”を披露した。また、本作を手掛けた中田秀夫監督は今作について「今までのJホラーの定番を描きつつ、新しい挑戦的なテイストも出している」とコメント。 さらに、本作の原作者である松原タニシが自宅でもある“ホンモノの事故物件”から生中継でリモート参加。亀梨が演じる山野ヤマメとそのモデルとなった松原タニシがついに共演を果たした。松原は、中継先の画面が中田監督しか映らないという霊障(?)に襲われながらも、映画化の喜びを語るとともに自身の住む事故物件を紹介。続いて、自宅にある2体のいわく付きの人形を紹介すると、突如会場が暗転。電気が点くとなんと松原の自宅にいたはずの人形が亀梨の目の前に現れた。この驚愕のサプライズに亀梨は「びっくりした」と反応しつつ、奈緒が目の前にいる人形に似ている日本人形と子供の頃に寝ていたという思わぬエピソードに笑顔をみせていた。 映画『事故物件 怖い間取り』は、8月28日(金)全国ロードショーとなる。

ENTAME next編集部

【関連記事】