Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

羽生結弦の初代MVSは必然だった。「空気を支配し、声援を力に換えた」、歴史に遺る進化と真価

配信

REAL SPORTS

今季から新たに創設されたISUスケーティング・アワードで、羽生結弦が初代最優秀選手賞(MVS)に輝いた。男子シングルで66年ぶりとなるオリンピック連覇に、男子で初めてとなるジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇するスーパースラム達成……。名実ともに頂点に立ったこの男が初代MVSを手にしたのは、だが決して幾多の栄冠を勝ち取ってきたことだけが理由ではない。羽生には羽生にしか持ち合わせていない、唯一無二の力があるからだ――。 (文=沢田聡子)

初代MVSを受賞した羽生結弦の、唯一無二の魅力

「このたびはこのような賞をいただけて大変光栄に思っているのと同時に、まさか賞をいただけると思わなかったので、とてもびっくりしています」 ISUスケーティング・アワードで初代最優秀選手賞に選ばれた羽生結弦は、日本スケート連盟のTwitter上の動画で驚きを語っている。しかし、羽生が最優秀選手賞に最もふさわしいスケーターであることは明らかだ。 新設されたISUスケーティング・アワードの授賞式は、当初は2020年世界選手権最終日に開催される予定だった。世界選手権が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったため、授賞式はオンラインで日本時間7月11日23時より開催。最後に発表された最優秀選手賞は、羽生に授与された。 ISU(国際スケート連盟)によれば、最優秀選手賞は「ファン・メディアの注目・スポンサーの評価により、フィギュアスケートの人気を高めた」スケーターに贈られる賞だ。圧倒的な実力と勝負強さでオリンピック連覇を果たし、優れた技術と美しい滑りを持つ羽生だが、見る者を魅了する要素はそれだけではない。個人的には、会場の空気を制する力が羽生の最大の魅力だと感じる。

まだ16歳の羽生が表現した、ロミオの怒り

最初に強い印象を受けた羽生の演技は、2011年7月16日、ダイドードリンコアイスアリーナで行われたプリンスアイスワールド2011東京公演で滑った『ロミオ+ジュリエット』だ。その約4カ月前となる3月11日、仙台のリンクでの練習時に東日本大震災に見舞われた羽生は練習拠点を失い、アイスショーで全国を転々としながら練習を積んでいた。前シーズンの四大陸選手権で2位となり、若い才能を開花させ始めた矢先に訪れた試練だった。 観客として会場にいた私は、16歳の羽生ならではの魅力が詰まった新プログラム『ロミオ+ジュリエット』を既にテレビで見ており、生で見ることを楽しみにしていた。柔軟性に富むしなやかな細身の羽生だが、ジュリエットを失ったロミオの怒りを表現する最後のステップからは、激しさがほとばしっていた。今であれば羽生が滑るには小さすぎる会場を、羽生が発する気迫が満たしていくような感覚が強烈に印象に残っている。シーズン開始を前に、試練を乗り越える心の強さを東京のリンクで感じさせた『ロミオ+ジュリエット』は、シーズンを締めくくる2012年世界選手権が行われたフランス・ニースの会場で、熱狂を起こすことになる。 17歳になった羽生にとって初出場の世界選手権となるニース大会のフリー。右足の捻挫を抱えて演技に臨んだ羽生には、「応援の力をそのまま自分の中に取り入れたい」(『蒼い炎II-飛翔編-』(羽生結弦 著/扶桑社)より)という思いがあった。演技中盤のステップで転倒するも、その直後のトリプルアクセル―トリプルトウループを成功させ、転倒後に送られた声援は称賛に変わっていく。 「でもやっぱりあの時、一番感動したのは、お客さんの歓声でした。コケて、会場に来ていた全世界の方々に、もう本当に拍手をもらったじゃないですか。頑張れーって。4回転よりも盛り上がっていた(笑)。本当にあの拍手、歓声のおかげで、最後まで頑張れたんだと思います」(『蒼い炎II』より) 会場の興奮が高まる中で最後のステップに入る直前、羽生は雄叫びを上げている。沸騰するような雰囲気を醸し出しながらステップを滑り切った羽生は、最後のジャンプとなる3回転サルコウの着氷で持ちこたえる。フィニッシュポーズを決めた後、右手を突き上げる羽生から、闘志が立ち上っているのが見えるようだ。 「演技が終わって観客の皆さんの歓声を聞いた時に、やっとパワーを全部受け止められたのかなという気がしました」(『蒼い炎II』より) 銅メダルを獲得した羽生は、栄光への道を歩み出した。

【関連記事】