Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『親バカ青春白書』初回放送日は8.2 “大学生”ムロツヨシ&永野芽郁の場面写真到着

配信

クランクイン!

 俳優のムロツヨシが主演を務め、女優の永野芽郁と親子役で共演する新・日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の初回放送日が8月2日に決定。併せてレギュラーキャスト陣の場面写真が初解禁された。 【写真】新日曜ドラマ『親バカ青春白書』初解禁された場面写真  本作は、『今日から俺は!!』チームの最新作で、ヒットメーカー・福田雄一が手掛けるオリジナルドラマ。ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となるムロが、娘が大好きすぎて娘と同じ大学に入学してしまった親バカなシングルファーザーで小説家の小比賀太郎、通称“ガタロー”を演じ、その大事な箱入り娘、小比賀さくら役を永野が務める。そのほか、新垣結衣、中川大志、今田美桜、戸田純貴、小野花梨の出演も発表されている。  小説家の小比賀太郎(通称:ガタロー/ムロ)は、最愛の妻(新垣)を病気で亡くし、現在は父娘二人で仲良く暮らしている。そんな親子に大激変が。女子高育ちで、初の共学となる大学に通う娘(永野)を心配しすぎるあまりに、なんと父親が娘と同じ大学・同じ学部に入学してしまったのだ。ゼミ、サークル、飲み会、合コン、文化祭、バイトと、大学のことある行事に、娘が心配のあまり首を突っ込みまくる父。そして若者の青春に父親が紛れ込み、40歳のおじさんが、娘や同級生たちよりも青春生活をとことんエンジョイしてしまう―。  初回スタート日が8月2日に決まり、ついに撮影が6月中旬からスタート。彼らが入学した立青大学でのシーンを中心に収録は進んでおり、この度初解禁となった場面写真も大学の学食でのシーン。約20年ぶり2回目の大学生生活を娘と共に送ることになったムロ演じるガタローだが、大学での「愉快な仲間たち」と出会ったことで、物語はこの後、大きく展開していくという。  なお、第1話では、ガタローとさくらの2人が大学に入学し、ガタローは意外に楽しい二度目の大学生活を満喫するが、さくらに史上最大の危険が迫る…という話が展開する。  新日曜ドラマ『親バカ青春白書』は、日本テレビ系にて8月2日より毎週日曜22時30分放送。

【関連記事】