Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イラストレーター永井博氏の最新作品を展示 8月24日~9月6日、代官山 蔦屋書店で

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オーヴォ

 蔦屋書店(東京都渋谷区)は、イラストレーター永井博氏の作品展を東京都渋谷区の「代官山 蔦屋書店」2号館1階ギャラリースペースで8月24日(月)から9月6日(日)まで開催している。 ・https://store.tsite.jp/daikanyama/event/art/15197-1836320803.html  展示されるのは、今年刊行された永井氏の夜景・夕景を集めた作品集「NITEFLYTE(ナイトフライト)」(復刊ドッドコム刊、税込み2970円)に収録されているイラストを中心にした約15点。永井氏の展示は代官山 蔦屋書店で毎年開催しており、今年で4回目だ。 今年のテーマは「HALATION」。強くまぶしい日差しを感じさせる表現など“光”の存在を意識させる作品を展示。展示作品は購入することができるため、作品の入れ替えもあるという。  「NITEFLYTE」は9月に発売されるのを前に、代官山 蔦屋書店で先行発売。収録イラストをデザインしたTシャツやトートバッグなどのオリジナルグッズも販売する。  永井氏はミュージシャン大滝詠一の「A LONG VACATION」などレコードジャケットのデザインで知られ、トロピカルでクリアな風景イラストを描き人気がある。昨年、韓国人プロデューサーでDJでもあるNight Tempo氏のCDジャケットデザインを手掛け、今回の展示に併せ、8月29日(土)午後8時から永井氏とNight Tempo氏とのオンラインイベントを開催する。「Conversation in Niteflyte」と題し、2人によるトークやNight Tempo氏のDJなどをビデオ会議アプリZoom(ズーム)で配信する(韓国語と英語の字幕付き)。詳細・申し込みは以下のサイトから。 ・http://ptix.at/ZpBEIK