Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

靴直しのタイミングは? かかと(ヒール)やソールの交換・修理サインを見極めよう。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

何度もリペアする度に蘇るのがレザーシューズの魅力。でもそのタフさに甘えて過信していない? 適度にメインテナンスをしなければ、長持ちしないので、その心得を知っておきたい。修理の見極めのタイミングも靴の製法によって異なるのでぜひ押さえてほしい。

お気に入りの靴をいつまでも履くために、修理は必須。

ファッションが好きなら、ブーツやレザーシューズを持っていない人はいないだろう。ガシガシと気にせずに履けて、使えば使うほど味が出て、愛情が湧いてくるのが革靴の醍醐味だ。 ただ頑丈と言ってもそれは限界があり、適度なタイミングでリペアを行わなければ、ダメになってしまう可能性だ ってある。そこで世田谷代にあるシューリペア&カスタムショップである「ブラス」の松浦さんに、気に入った靴を愛用するための心構えを聞いた。 「もちろん日々のメインテナンスも大切なのですが、もともとオイルがたっぷりと入った革は、すぐに抜けきってしまうということはありません。それよりも気を配りたいのは、ソールですね。 オールソール交換をすればいいと思って、アウトソールがギリギリになるまで履く方がいますが、これは少し危ないですね。その理由はブーツの型崩れです。特に左右のどちらが極端に減る歩き方をする人は気をつけてください。ソールは直せますが、ブーツそのものの型崩れする場合があります。 あと製法によって、気を使うのも大切です。ワークブーツから紳士靴まで定番のグッドイヤーウェルト製法であれば、何度もオールソール交換ができますが、ステッチダウン製法の場合は、少し事情が異なります。 もちろん堅牢な作りで、長年使うことも可能。ただこの手法はアッパーを外に逃がし、そこにアウトステッチをかける構造ゆえに、何度もオールソール交換を繰り返すうちに、ステッチ穴が増えて切れるんです。アッパーをコバまで使う一番の理由は、防水性。だからヒール付きのワークブーツやマウンテンブーツが主流です。こまめにヒール交換をしたり、ワンピースソールであれば、アウトソールのみを交換することで、安心して長く使えるはずですよ。 マッケイであれば、ソール中底と直接縫われているシンプルな製法なので、アウトソールにあるステッチを切らないのが大切。もちろんブランド側では考慮されていますが、レザーソールならゴムを張ると耐久性がグッと上がります。 大事なのはリペア=オールソール交換ではなく、こまめに部分的に修理する方が結果的に経済。靴も長持ちすると思いますよ。クラークスに代表されるクレープソールもヒールを継ぎ足せますし、フラットなクッションクレープも足せるんです」 靴はファッションの前に道具。そのポテンシャルを活かせるように常に気を配っておく必要だあるのだ。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ