Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

医療保険の失敗 入院が短かすぎて給付金がゼロになった60代男性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 2019年に椎間板ヘルニアで6日間入院したAさん(60代男性)は、無事に手術を終えたが、肩を落としてこう語る。 【表】保険がおりない可能性のある主な治療

「40歳の時、終身タイプの保険へ入ることを決めたのは、『一生涯、しっかり給付金がもらえる』と説明されたからです。それなのに、1円も給付金が出ませんでした……」

 Aさんの保険料は月額3500円。現在までの約20年間で、80万円以上も払い込んでいたにもかかわらず、役に立たなかったというのだ。ファイナンシャルプランナーの丸山晴美氏が解説する。

「終身医療保険は、加入した時期が早ければ早いほど保険料が安くなりますが、加入時の保障内容が固定されたまま一生涯続くので、時代の流れとズレてきてしまうデメリットもあります」

 かつての医療保険は、7日目以降、120日や360日といった長期入院に対応した商品が多かった。

 しかし、医療の発達と病床数の削減によって、入院患者の平均在院日数は年々短期化。Aさんの場合も、「6日間の入院」で済んだことにより、“7日目以降から給付”という保障が受けられなかったわけだ。

 そういった時代に合わせ、最近では入院初日から給付金が出るタイプのものが多い。ただし、古い保険を解約するデメリットもある。前出の丸山氏の指摘。

「年齢を重ねるほど、月々の保険料などの条件は悪くなっていきます。時代にマッチしていない部分は割り切るか、また別の保険で手当てするという選択肢もある」

 一方で、そもそも「保険がおりない可能性のある医療行為」もあるので注意したい。

「病気の治療を目的としない」手術や検査がその代表例(別掲の表参照)。ほくろやイボの切除、レーシック手術などが挙げられる。これらは加入した時期や保険会社によって異なるので、保障内容をしっかりと確認しておきたい。

※週刊ポスト2020年7月3日号

【関連記事】