Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

京都・南区のアパートに90歳女性遺体 首に絞められた痕 殺人容疑で捜査

配信

毎日新聞

 京都市南区のアパートの一室で高齢女性の遺体が見つかり、京都府警は1日、現場の状況から殺人事件と断定、南署に捜査本部を設置した。女性はこの部屋に住む無職、善家(ぜんけ)節子さん(90)。首にひものようなもので絞められた痕があり、府警は周辺の目撃情報の洗い出しなどを進める。  府警によると、6月30日午前7時ごろ、同区久世上久世町のアパート2階の善家さん方を訪れた親族が、意識のない状態で倒れている善家さんを発見。119番したが、約50分後に搬送先の病院で死亡が確認された。発見当時は寝間着姿で、自宅を荒らされたような形跡はなかった。善家さんは1人暮らしで、前日の29日に親族が訪れた際は、特に異常はなかったという。  近所の女性(78)によると、善家さんは以前はスーパーに買い物に出かけるなどしていたが、最近は姿を見ることも少なくなっていたという。親族の女性が様子を見に毎日のように部屋を訪ねていたといい「明るくて元気な人で、恨みを買うような人ではなかった。なぜこうなったのか想像もつかない」と驚いた様子だった。【千葉紀和、中島怜子、添島香苗】

【関連記事】