Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ファーウェイ、独自「Harmony OS」を来年にはスマホに搭載

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
36Kr Japan

2020年9月10日、ファーウェイ(華為科技)コンシューマ事業のリチャード・ユー(余承東)CEOが年次開発者会議で、独自OS「Harmony OS(鴻蒙OS)」をバージョン2.0にアップデートし、アプリ開発者向けのベータ版をリリースしたと発表した。また、12月にはスマートフォン用Harmony OSのベータ版をまず国内の開発者向けにリリースするとし、同OSが来年同社製スマートフォンに搭載される予定だと伝えた。 Harmony OSは、ファーウェイが2012年から開発を進めているAndroidアプリと互換性のあるクロスプラットフォームOS。これまではスマートTVなどIoT製品を中心に利用され、スマートフォン向けのシステムとしては使われてこなかった。 ファーウェイが米政府による制裁措置の影響を受け、自社製品でGoogleのGMS (Google Mobile Service)エコシステムを利用できなくなって以降も、Androidは引き続き利用可能だったため、同社は独自のHarmony OSをスマートフォンに導入することはなかった。 しかし今、ファーウェイはスマートフォン事業をより独立性を持つものにする計画を明確にし、さらにHarmony OSを一刻も早くオープンなシステムに成長させるため、同OSをオープンソース化すると発表した。開発者にはエミュレータ、SDK(ソフトウェア開発キット)パッケージ、IDE(統合開発環境)ツールが提供される。

【関連記事】