Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ぺこぱかと思いました」6歳の娘が考えた”まずい”の代わりの言い回しがSNSで大反響!お母さんに話を聞いた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 Twitterに投稿された”おうちごはん中の娘の発言”が話題となっている。  話題となったのは@poppo__poppo__さんのツイート。投稿者が作った料理を6歳の娘が気に入らなかったそうで、その際に娘は「まずい」ではなく「最低のおいしさ」と味を表現したという。 【映像】「まずい」を斬新な言い回しで表現した6歳娘!母に話を聞いた

 投稿者によると、この日は娘の好物ではないものが食卓に並んでいたそうで、ガッカリした様子の娘から飛び出した発言だったという。おそらく娘が自分で考えて出した表現で、「聞いてすぐ面白いなと思ったのでツイートしました。笑っていただけたようで嬉しいです」とコメントした。  この投稿には「ぺこぱかと思いました」「吹き替えの翻訳にありそう」とのコメントや、「うちの子は『いっぱいきらい!』と言ってました」「我が子は『好きでは無いですね』」「上の子が小さいころ『ちょっとお口に合わない』と言ってお残ししていました」「友人は『勉強になりました』と言っていた」など、各家庭での子供の発言についての声も寄せられ26万いいねを集める大反響となった。 (ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

【関連記事】