Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【コロナ禍】開設40年以上の「赤ちゃん相談室」の利用者が増加「お母さんを孤立させない」、相談員の思い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
たまひよONLINE

新型コロナウイルスの影響で、子どもと気軽に外出できない日々が続いています。そんな中、授乳、離乳食など赤ちゃんの栄養について電話で相談できる「明治 赤ちゃん相談室」の相談数が増加しています。なぜ今多くのママ・パパたちから支持を受けているのかを探りました。 ▶【マンガ】HTLV1キャリアの私がミルク育児をしてみて

「赤ちゃん相談室」という名称に込められたのは育児支援への思い

1976年開設から40年以上の歴史があるのが食品メーカー明治の「明治 赤ちゃん相談室」です。赤ちゃん相談室を担当されている管理栄養士の高橋美香さんに聞きます。 「1970年代中ごろから当社の商品の使用方法や保存方法へのお問い合わせをお客様相談室で受けていましたが、相談を受けるうちに、商品のことだけでなく、栄養全般の育児支援をする必要性を感じたことから、『明治 赤ちゃん相談室』が併設されることになりました。 相談員は全員管理栄養士・栄養士の資格を持つ栄養の専門家です。今、育児をされているお母さんやお父さんと同世代から、孫もいるベテランまでいろいろなキャリアを持つ相談員がいます。 専門家がそろっていますが、一方的な『指導室』ではなく『相談室』として、悩んでいるお母さんやお父さんと一緒によりよい解決方法を見つける、という寄り添う姿勢をなによりも大切にしています」(高橋さん)。 相談事例としては授乳に関することがトップ、次に離乳食などの食事関連が続きます。授乳についても、ミルクだけでなく母乳の質問も多いといいます。 「低月齢の赤ちゃんのママからは、母乳がたりないようだけれど、ミルクはどれくらいたせばいいかなど、母乳に関する質問がもともと多かったんです。でもコロナ禍で母乳外来が休みになり、困って電話をしたという方が多くいらっしゃいました」(高橋さん)。

専門家にマンツーマンで子どもの様子の相談ができる安心感

新型コロナウイルスの影響で、「明治 赤ちゃん相談室」にも変化がありました。緊急事態宣言が発令された2020年4月には同月前年比で132.8%、前月比で144.9%も問い合わせ件数が増えたそう。 その背景について高橋さんはこう言います。 「悩みがあっても健診が新型コロナウイルスの影響で延期になり店頭相談なども休み、ママ友など友人や知人にも会えないという状況の中、外出することなく、自宅でゆっくり相談できる安心感が受け入れられたのではないかと思います。コロナ禍の中で相談業務を続けることに議論はありましたが、悩みがあっても赤ちゃんを外に連れ出したくない、というお母さん、お父さんの不安を解決しお役に立ちたい、今こそ必要な業務である、という使命感から、人員体制を調整し、相談員の感染予防対策も行いながら続けました」(高橋さん)。 それと同時に、相談件数が増えたのはほかにも理由があるといいます。 「現在は情報があふれる時代で、どの情報が自分にとって正解なのか、見えにくくなっているように感じます。とくに今の時代はスマホからの情報に頼ることも増え、入ってくる情報から、自身がどうすればいいか迷う場合もあるのではないでしょうか。そんな中、専門家にマンツーマンで、自宅で気軽に相談できる機会は貴重なのではないかと考えています。 実際、離乳食の目安量はこれくらいと書いてあるけれど食べない、大丈夫なのか、など情報を調べたうえで相談される方が増えています。『モヤモヤしていましたがスッキリしました!』と言っていただけたこともあり、とてもうれしかったという相談員もいます。 またこの4月からフリーダイヤル化したことで、気軽に相談ができるようになったようです」(高橋さん)。

【関連記事】