Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「時間があっという間」 CMで姉妹役の有村と浜辺

配信

共同通信

 俳優の有村架純と浜辺美波が姉妹役で共演するJA共済の新CMが完成。浜辺は「有村さんと一緒だと楽しくて、時間があっという間だった」と撮影を振り返った。  JA共済の営業担当者(有村)と、大学生の妹(浜辺)の日常を描く人気CMシリーズの第6弾。有村の職場の後輩を演じる萩原利久が加わり、コミカルなやりとりを繰り広げている。  浜辺は、大学OBの萩原とカフェでばったり再会し、就職先の先輩の“天然ぶり”を聞かされる。「うちの姉よりやばい」と笑う浜辺の前に、姉の有村が登場。萩原はそれまで話していた「天然な先輩」が実は浜辺の姉と知り、冷や汗をかく。  CMの内容にちなみ、これまでの失敗談を問われた有村は「スーパーに財布を忘れたこと」を挙げた。「閉店ぎりぎりに気付いて、パニックになった。マネジャーさんが冷静に助けてくれて、ちゃんと戻ってきました」  浜辺の失敗は、お金を持たずにタクシーに乗ってしまったこと。「お金って怖いですよね」としみじみつぶやいた浜辺に、有村も「気を付けようね」とうなずいた。

 初出演の萩原については「人としゃべるのが好きそうで、いいなと思った」と有村。撮影中は3人でアニメの話をして盛り上がったという。

【関連記事】