Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“アフターコロナ”で想定される「3つのシナリオ」とは?「メイン・悲観・楽観」のうち、どのシナリオになるかは不透明なので“時間分散”によるリスクヘッジが重要!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ダイヤモンド・ザイ

 “アフターコロナ”で想定される、株式市場の3つのシナリオとは?  どのシナリオになっても慌てないように、計画的に投資しよう!  【詳細画像または表】  発売中のダイヤモンド・ザイ7月号の大特集は「コロナ禍でも株価が上がる! 【逆襲の日本株】厳選96銘柄」!  株式市場は「コロナ・ショック」で大きな打撃を受け、株価が急落した銘柄が多い。しかし、こんな状況下でも、株価上昇が期待できる銘柄は存在する。そこで、この特集では、新型コロナウイルスの感染が拡大しても業績を伸ばせる株や、収益力が揺るがない安定感のある株、「コロナ・ショック」で売られすぎた優良株など全96銘柄を紹介。さらに、“アフターコロナ”の投資戦略も解説しているので必見だ!   今回は特集の中から、“アフターコロナ”の投資戦略の一部を抜粋!  ストラテジストやエコノミストといった専門家5人に話を聞いているので、投資の参考にしてほしい!  ●“企業の景況感の底打ち”が株価の転換点になる!  二番底の可能性も根強く、安易に「買い」と判断するのは危険 「新型コロナウイルスの感染拡大はピークを越えた」という見方が主流になってきている。それならば、今こそ日本株は「買い」ではないか。しかし、取材で話を聞いたストラテジストやエコノミストなどの専門家は、口を揃えて「先行きはまだ不透明」と話す。 「残念ながら、まだ『買い』とは言い切れません。感染がピークアウトしたとしても、その後にやってくるのは企業業績の悪化です。2020年4~6月期は、経済活動の低迷の影響をフルにくらうことになります」(UBS証券・ジャパン・エクイティリサーチ・ヘッドの居林通さん)  居林さんは、2020年4~6月期のTOPIX500構成銘柄(金融を除く)の売上高が、前年同期比でマイナス18%になると予測する(上の図を参照)。「リーマン・ショック」後のマイナス20%にほぼ匹敵するインパクトだ。  一方で、市場はすでに今後の企業業績の悪化を織り込んでいる。日経平均株価のPBRは1倍を割っており(5月11日時点)、株価は割安感が強いようにも見える。しかし、それだけで判断してしまうのは早計だと、専門家たちは指摘する。  「その先の業績回復が見えていれば、株価は“安い”と言えるので、出遅れ銘柄を買いに行くタイミングです。ただ、現状ではまだ回復は見通せません」(居林さん)  「業績が悪いことはわかっていますが、どこまで悪いのかはわからない」(ニッセイ基礎研究所・チーフ株式ストラテジストの井出真吾さん)  逆に、景気と企業業績の悪化度合いの見極めさえつけば、市場の不安が消えて、株価は上昇に向かう可能性があるだろう。今のところ「2020年の4~6月期が底になる」というのがメインシナリオだが、新型コロナウイルスの感染の状況次第では、7~9月期までずれ込むことも考えられる。 ●感染の再拡大を封じ込められていない段階では 株価の本格的な回復は考えづらい  株価の動向を見極める手立てとして、一般の投資家でも簡単にチェックできるのが、製造業の景況感を示す「世界製造業PMI(購買担当者景気指数)」だ。  「この指標は、株価と高い相関があります。特に日本は、製造業の景況感が株価を左右する傾向が強いので、有効だと思います」(第一生命経済研究所・主任エコノミストの藤代宏一さん)  2020年2~4月の「世界製造業PMI」は、「リーマン・ショック」直後以来の低水準となっている。景気先行指標とも言われる「世界製造業PMI」を見ていれば、たしかに株価の動きを予測する手がかりとなるだろう。ただし、今は“非常時”であるため、それだけではまだ確実ではない。  「経済活動を再開した結果として、感染者数がまた拡大する可能性も否定できません。もしそうなれば、景気と企業業績がV字回復するというシナリオが崩れます」(大和証券・シニアストラテジストの石黒英之さん)  株価上昇の足取りを確かなものとするためには、「下の図の“3つの段階”をクリアする必要がある」と石黒さんは指摘する。 「市場が描いているとおり、6~7月頃には第1段階、第2段階のクリアが見えてくるかもしれません。しかし第3段階がどうなるかに関しては不透明です。期待通りにいかず、長期戦になるとの見方が広がれば、株価も厳しい展開になるでしょう。秋頃までは様子を見る必要があります」(石黒さん) ●メインシナリオ・悲観シナリオ・楽観シナリオの3つが考えられる 決め打ちせず、タイミングを分散させながら投資しよう  以上を総合すると、基本的には「今はあせらず、見極め」というのが賢明な選択だろう。この記事でも紹介しているが、過去の金融危機の例に倣うとすると、今後、日経平均株価は二番底をつけて、1万8000円程度までは値下がりする可能性も高い。「もし1万7000円になるような局面があったら“買い”」(居林さん)と判断することもできる。  また、あせらず見極めをしている間に、新型コロナウイルスの感染が再拡大することなく収束へ向かい、株価は二番底をつけることなく上昇する可能性もある。このケースだと、「市場は変化を先取りするうえに、大規模な金融緩和や財政支出を行っているため、状況が落ち着いたときには株価は上がっていて、買い時を逃す恐れもあります」と、野村證券エクイティ・マーケット・ストラテジストの若生寿一さんは指摘する。  つまり、投資家は今、「3つのシナリオ」に備えなければならないのだ。  まずは、「6~7月頃に景気と企業業績の反転が見え、秋頃には感染の再拡大がないことも確認できる」という、現段階でのメインシナリオ。この場合、「景況感や決算を見極めつつ、買い下がり気味に投資する」(若生さん)、つまり株価が下がったときに少しずつ買っていくのがベターということになる。  次に、「収束が予想より大幅に遅れる、または秋以降に感染が再拡大する」という悲観的なシナリオ。“下がったら買う”というのはメインシナリオの場合と同様だが、逆張りの要素がより強くなる。「中長期で見れば割安だと腹をくくり、さらに下げたときに怖くなって売らないことが重要」(井出さん)となる。  3番目は、「予想以上に順調に回復が進む」という楽観的なシナリオ。このシナリオを想定するなら、なるべく早めに仕込む必要がある。上昇局面でも順張りで買っていけばいいだろう。  だが、現実問題として、どのシナリオになるかを予想するのは極めて難しい。そのため、どんな展開になっても対応できるように、「こんなときこそ、何度かに分けて買う“時間分散”を徹底するのが重要」(若生さん)というのが、プロたちが揃って強調するアドバイスだ。  さて、ここまで“アフターコロナ”の投資戦略について紹介してきた。ダイヤモンド・ザイ7月号の大特集「コロナ禍でも株価が上がる! 【逆襲の日本株】厳選96銘柄」では、不安定な相場環境の中で、今だからこそ注目すべき銘柄も紹介しているので、誌面も併せてチェックしてほしい!  ●先行き不透明な相場環境の中、注目すべき銘柄とは?  ダイヤモンド・ザイ7月号をチェック!   発売中のダイヤモンド・ザイ7月号には、今回一部を抜粋した大特集「コロナ禍でも株価が上がる! 【逆襲の日本株】厳選96銘柄」のほかにも、読みごたえのある特集を多数掲載! 「コロナ・ショック」で有名投資家がどんな行動をとったのかリポートする「コロナ・ショックの個人投資家悲喜こもごも&売買顛末記」や、「コロナ・ショック」で利回りが激変した「人気の【毎月分配型】投資信託100本の最新利回り」、「コロナ・ショック」で急騰した“金”にスポットを当てる「財産を守るための金投資」など、「コロナ・ショック」に関連した内容が多くなっている。  そのほかにも「コロナ禍で株主総会はオンライン参加が増加! 」「ネットの中傷と戦うときのお値段」「自腹でガチンコ投資! 【AKB48】株ガチバトル」など、注目してほしい情報が盛りだくさん!   さらに、別冊付録で「スマホ&電気代見直し大作戦! 」が付いてくる!  この別冊付録では、固定費の中でもかさみがちなスマホ代と電気代を節約する方法を紹介!  家族構成などにもよるが、年間で数万~十数万円浮かせることも難しくないので、「通信費や電気代が高い」と感じている人は必見だ。

ザイ編集部

【関連記事】