Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

47都道府県「おらが村の偉人伝」埼玉県・飯島澄男

配信

SmartFLASH

 コロナ対策の影響でいまだ里帰りがしづらい今日このごろ……「郷土愛」は、かつてないほど高まっているはず。あなたは、出身地の傑物をご存知ですか? そこで本誌は、47都道府県にまつわる「おらが村の偉人伝」をお届けします。今回は、埼玉県。 【埼玉県】飯島澄男(81)  飯島澄男は、新世代の素材として期待される「カーボンナノチューブ」を発見した物理学者・化学者だ。  1939年に埼玉県で生まれた飯島は、1971年に電子顕微鏡を使って、規則的に並んだニオブ酸化物結晶中の金属原子を直接観察することに世界で初めて成功。1991年に、高い導電性・熱伝導性・耐熱性を持つカーボンナノチューブを発見した。  これにより、フランクリン賞(物理学)など、数々の学術賞を受賞。現在もノーベル化学賞・物理学賞の有力候補とされている。 写真・時事通信 (週刊FLASH 2020年5月26日号)

【関連記事】