Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

横浜流星、焼き芋にテンション爆上がり 吉高由里子が明かす一面

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 吉高由里子、横浜流星、三木孝浩監督が15日、都内で行われた映画『きみの瞳(め)が問いかけている』(23日公開)一日限りの先行上映イベントに登壇。久々の観客を入れての舞台挨拶で撮影の裏側などを明かし合った。  映画は、不慮の事故で、視力と家族を失った女・明香里(演・吉高由里子)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた男・塁(演・横浜流星)が織りなすラブストーリー。  横浜は恋愛を描いた作品に携わったことはあるものの、これまでとは異なるダークな一面ものぞく役柄を演じるにあたって「人を思うこと、愛について考えさせられました。自分も大切な人が出来たときに塁の様な人間になりたい、そういうリスペクトの想いでやれました。生き方は男としてもかっこいい」と振り返った。  一方の三木監督は、吉高と横浜の関係性を「素敵だ」と絶賛した。「(塁を演じる)横浜さんの芯の強さ、意思を貫く強さ、それを優しく包み込む明香里、明香里よりも吉高さんですよね。その空気感が凄く良くて。現場での空気感も、カメラが回っていない時の空気感も良くて、安心して委ねようと思えた」とした。  撮影現場を和ませようと笑いを取った吉高。横浜はそんな姿を「太陽みたいな人」とたとえて、「現場のみんなに安らぎも光も与えてくれる。それを考えている人なんだろうなと、天然でいるんじゃなくてみんなを思って考えている。気遣いの方。現場でみんなを笑わせてくれる。そこまで気が回るのは座長としても凄い。自分は自分のことで精いっぱい。視野が広くて、お芝居も学ぶこともある。先輩なのに親しみやすさもある」と絶賛した。  吉高も横浜を称えるなかで、意外な一面を明かした。普段はクールに見えるものの「焼き芋の車が通った時、テンション爆上がりで。初めて見て。こんなにはしゃぐ子だったんだって。買いに行って、すごく美味しそうに食べるから何回も買ってあげたいと思った」と振り返り、「可愛いものが好き。カービィが好きだよね。ぬいぐるみプレゼントした」とのエピソードも。  横浜は「芋は好きですね! 美味しいし、効率よくエネルギーが取れる」と照れ笑いを浮かべながら、実用に適していると明かしていた。

【関連記事】