Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ライブハウスでのハードコア配信フェスは事故現場に!心霊現象で配信停止!?

配信

バトル・ニュース

 6月30日、都内某所のライブバーでハードコア無観客配信フェス『Digital Miyacoco FES Vol.7~ハードコア編~』が開催された。  この大会はツイキャスプレミア配信の2000円デジタルチケット購入者へ全国配信された他、2週間はアーカイブを購入することにより見ることが可能となっている。  まずは前説で崖のふち女子プロレス代表の松本都とオーナー代理の一般人・澤宗紀が登場するが、この大会が崖のふちとは全く関係ない都個人主催のイベントであると発覚し、澤はなぜ呼ばれたのか困惑。貯金を切り崩してイベントを主催したという都は「今日は犯罪犯しますよ!俺が法律なんで!今日のテーマは80年代の新宿ロフトとかハードコア・パンクの世界みたいなのをやりたかったんです。ダンプカーでライブハウスぶっ壊したりアーティストとお客さんが乱闘したりしていた世界をプロレスで再現したいと思います!暴力的な過激なフェスをやります!」と不穏な宣言を行う。

 すると都はDJ Miyacocoに変身しDJプレイを始めるかと思いきや、曲を鳴らすと各選手が登場して歌うカラオケ大会へ。普段とは違う各選手の歌う姿にこれはこれでレアな空間が繰り広げられるが、ゲストライブの出番が近づいてくるとだんだんと配信カメラが不具合を起こし始める。  特別ゲストとしてライブを行う十四代目トイレの花子さんは、パンクレーベル『殺害塩化ビニール』の社長で暗黒プロレス組織666を主催していたクレイジーSKBを信奉する首切り自殺した小学生の妖怪アイドル。その花子さんが会場に現れ配信カメラの横で待機をし始めると、何故か配信で音が聞こえなくなる。スマホに切り替えて配信継続を試みるが、花子さんがライブの準備をしようとカメラに見切れた途端に配信がストップしてしまう。  会場が慌ただしくなる中、澤宗紀が一人で必死に場をトークで繋ぎ、ギターを演奏しながら生歌を披露。別のスマホでも不具合を起こしていたが、15分ほどしてなんとかiPadからの配信で復活する。

【関連記事】