Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「広告記事もコンテンツ」 NewsPicks支える「もう一つの編集部」 PVに代わる独自指標にも挑戦

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

連載『WEB編集者の教科書』 情報発信の場が紙からデジタルに移り、「編集者」という仕事も多種多様になっています。新聞社や出版社、時にテレビもウェブでテキストによる情報発信をしており、ウェブ発の人気媒体も多数あります。また、プラットフォームやEC企業がオリジナルコンテンツを制作するのも一般的になりました。情報が読者に届くまでの流れの中、どこに編集者がいて、どんな仕事をしているのでしょうか。withnewsではYahoo!ニュース・ノオトとの合同企画『WEB編集者の教科書』作成プロジェクトをスタート。第5回はNewsPicks Brand Design Teamのシニアエディター・川口あいさんに、スポンサードコンテンツにおける編集者の役割についてうかがいます。(withnews編集部・丹治翔) 【画像】「広告記事もコンテンツ」とこだわるスポンサードコンテンツとは、コメント分析のレポートも 【NewsPicks Brand Designの編集者が考える「スポンサードコンテンツ」】 ・クライアントの要望と読者の支持の両立を考える。 ・商品の直接的な購買を促すよりも、読者への認知と理解を目指す。 ・コンテンツはメディアの世界観に落とし込んで発信する。

オリジナル記事と見せ方は同じ

「経済情報で、世界を変える」をミッションに掲げるユーザベースが2013年に立ち上げたNewsPicksは、約470万人の無料会員と約15万人の有料会員を抱えるソーシャル経済メディアです。月額課金とともに、売り上げの両輪である広告部門の大きな柱が、スポンサードコンテンツ。検索履歴などに連動した運用型広告とは違い、有料会員向けに編集部がつくるオリジナル記事と同じような見せ方で、広告主のメッセージや商品の魅力などを届けています。 広告であることは明記しながらも、NewsPicksでの体験を阻害する「脈絡のない広告」は防ぐ。この姿勢は、専従でスポンサードコンテンツを制作するBrand Design Team(BDT)ができた2015年から一貫しています。 川口さんを始め、出版社やウェブメディア出身の編集者が多く集まるBDTは、さながら「もう一つの編集部」といった様相です。約60人が在籍するチームには営業やエンジニアたちも混ざり、編集者の川口さんが、企業へのセールスに加わることも。「営業が取ってきた案件を『作るだけ』にとどまらず、提案にもレポーティングにもクリエイティブの視点から関わっています」

【関連記事】