Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

まさに高校風?「安達としまむら」アフレコ現場“購買”のようにパンが大流行 鬼頭明里・伊藤美来のお気に入りは「メロンパン!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 10月スタートの新アニメ「安達としまむら」。人付き合いが苦手で、授業もサボりがちな安達(CV.鬼頭明里)と、しまむら(CV.伊藤美来)が、徐々に距離を近づけていく様子が、美しく描かれている。作中には、高校生らしく購買でランチを買ってくるシーンも出てくるが、鬼頭・伊藤によればアフレコ現場でも、まさに高校生活の「購買で買ってきた!」というようなシーンが起きていたという。現場で流行したのは「衝撃のメロンパン」だ。  終始ハイテンションでもローテンションでもない、現実にも多くいそうな女子高生を丁寧に描いている「安達としまむら」には、女性キャラクターも多数出てくる。当然、アフレコ現場も女性声優が集まり、ちょっとした“女子校”が出来上がるわけだが、そこに突如として起きたのがメロンパンブームだった。 鬼頭明里(以下、鬼頭)  先輩方が、アフレコに毎回パンを買ってきたんです。2、3人、同じところで買ってきたんですよ。 伊藤美来(以下、伊藤)  近くにおいしいパン屋さんがあって、そこでみんな買うんですよ。「おいしー!」ってみんなが言うから、じゃあ私達も…って(笑)  2人の証言によると、最初にパンを持ち込んだのは日野役の沼倉愛美とのこと。さらに永藤役の上田麗奈も参戦。作中でも同級生の2人が、おいしそうに頬張っているのを見れば、「安達としまむら」コンビも気にならないわけがない。そして、大人気となったパン屋の名物メニューが…。 鬼頭&伊藤  メロンパン! 鬼頭  めちゃくちゃおいしかったんですよ! 伊藤  衝撃のメロンパンでした。  その後、ブームはさらに盛り上がり、気がつけばほぼ全員が、パン屋の袋を持って現場に来ていたこともあったとか。甘くておいしいメロンパン。みんなで食べてにっこりした効果は、きっと作品の中にも活かされている!? (C)2019 入間人間/KADOKAWA/安達としまむら製作委員会

【関連記事】