Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東宝×ALPHABOATの才能発掘企画『GEMSTONE』 第6弾は劇団ノーミーツとコラボし“リモートフィルム”募集

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 東宝株式会社とALPHABOAT合同会社による、才能あるクリエイターを発掘するオーディション・プロジェクト『GEMSTONE』が、リモート演劇のパイオニア「劇団ノーミーツ」とコラボし「リモートフィルム」作品を募集する第6弾オーディションの開催を発表した。  新型コロナウィルス感染症の影響もあり、研究が進んでいる「リモートフィルム」。劇団ノーミーツは、SNS上での作品再生数が3000万回突破した長編リモート演劇『門外不出モラトリアム』『むこうのくに』の2公演を上演し、有料チケット制で12,000人以上を動員するなど、同ジャンルを大きく広めた集団。  今回募集する「リモートフィルム」の定義は、「リモートで企画され、リモートで撮影され、リモートで視聴する、すべての過程がリモートで作られたあらゆる映像作品群。リモート演劇、リモート映画、リモートコント、リモートMV、リモートアニメなど、すべてのリモート作品の総称」となる。  オーディションのグランプリ受賞者には、オリジナル脚本によるリモートフィルム作品の制作を東宝のプロデューサーとともに行うことも決定しており、制作支援金の提供とともに、完成作品をGEMSTONE YouTubeチャンネル内で公開する。  審査員には、劇団ノーミーツや上白石萌歌のほか、『太陽は動かない』(2021年春公開予定)、『OVER DRIVE』(2018)でプロデューサーを務めたROBOTの古屋厚プロデューサー、『映像研には手を出すな!』(2020年9月25日公開)などをプロデュースした東宝の上野裕平プロデューサーがラインナップされている。 【審査員からのコメント】 ・劇団ノーミーツ・林健太郎 はじめまして。劇団ノーミーツは、コロナをきっかけに今年4月に結成された、リモートで映像・演劇作品などを制作している平均年齢27歳のチームです。今回、「一緒にコンペを開催しませんか」とGEMSTONEの方からお誘いを受けた時、正直かなり悩みました。我々はコンペなんて主催する立場ではない、まだまだこれからの青二才だからです。しかし同時に、この状況が想像以上に長引く今、映像・エンターテイメント業界の為に自分たちが出来ることをしたいとも思い、今回ご一緒させて頂くことを決めました。リモートと140秒、制約だらけの中で何がつくれるかを楽しむ、本気の遊び場になれば幸いです。よろしくお願いいたします!!! ・藤井道人 時代の波をかき分けて、「リモートフィルム」という新しい表現を模索する姿勢に感銘を受けました。逆境の中だからこそ観たことのない作品が生まれるのだと思います。 恐縮ではございますが、審査をするという立場に選ばれた以上、いち観客として責任を持って本企画に参加したいと思います。 ・上白石萌歌 この度は、GEMSTONE リモートフィルムコンテストの審査員に選出いただき、ありがとうございます。錚々たる審査員のみなさまと、クリエイティブ精神溢れる作品に出会い、意見を交わせること心待ちにしています。個人的に劇団ノーミーツさんの作品が好きなので、ご一緒できることがとても楽しみです! ・ROBOT・古屋厚 コロナ禍によって誰もがストレスを抱える生活の中で、私たちにとってエンタテインメントが、いかに人の心を豊かにしていたかを改めて実感しました。 そんな時代だからこそ、今回の企画は我々と応募されるクリエイターの皆さんの活動域を広げるチャンスと捉えています。 考え方が柔軟で才能溢れるクリエイターと新しい感性と熱量のぎっしり詰まった作品に「リモート」を通して出会えることを楽しみにしています。 ・東宝・上野裕平 劇団ノーミーツさんと初めてリモート打合せをしたときに、「映像研の「東宝の上野」さんですね! Twitter見てます!」と言われました。そうです、私が、映像研の「東宝の上野」です。今後も是非お見知りおきを。私は東宝の中でも特殊な動きをしておりまして、前回審査員をしたのが「でんぱ組虹コンJr.メンバー募集オーディション」でして、その次がこれというカオスっぷりですが、盛り上がるように頑張ります!

リアルサウンド編集部

【関連記事】