Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

負け組ワイドショーの勘違い…橋下徹やロンブー田村淳が救世主に?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 連日、新型コロナウイルス一色で絶好調だったワイドショー勝ち組の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)や「news every.」(日本テレビ系)も、ここにきてさすがに息切れしてきたが、この波に乗り損ねた負け組はいよいよ厳しい。朝ワイドの最下位、TBS系「グッとラック!」は、もう後がないと今週から大幅リニューアルしたものの、浮上は厳しそうだ。  番組のウリは、メインキャスター立川志らくの忖度のない口上ということなのだが、コロナ対策で政府を厳しく批判するライバル番組に比べると、後手後手で、辛口でも毒舌でもなく、説教くさいことばかりをしゃべっている。  もともと志らくは女性の好感度は低く、なぜMCに起用するのか、TBS内部でも異論は多かった。案の定、1年経っても、世帯視聴率は2~3%前後と墜落寸前の超低空飛行のままだ。 「この志らくの不人気をカバーするために、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)がメインコメンテーターで起用されたのですが、淳も女性の好感度は低い。ツイッターのフォロワー数300万以上といっても、ワイドショーの視聴層ではありません。さらに、月曜コメンテーターの元大阪府知事の橋下徹は物言いが乱暴で、これまた女性は嫌いなタイプ。嫌われ3人組でいよいよ視聴者は離れていくでしょうね」(ネットのワイドショーウオッチャー)

視聴者が求めているものと大きくズレている

 さらに、スタジオのセットも逆U字形のカウンターに出演者が向き合うように座り、思い付きを言い合うだけだから、もはや情報番組というよりトークバラエティーである。およそ朝から付き合うような番組ではなくなってしまった。  やはりコロナ報道で置いてけぼりとなった「直撃LIVEグッディ!」を、フジテレビは番組終了にし、坂上忍の「バイキングMORE」を拡大した。はたしてリカバリーはできるのか。番組制作をバラエティー担当から情報制作局に移してニュース色を強めようとしているが、レギュラー出演はお笑い系と仕事が減っているタレントばかりだから、ホンネで伝えるナマ情報番組という看板には程遠い。中身は居酒屋の愚痴レベルである。コロナ禍で切実で正確な情報が求められているときに、これでは支持を得られると思えない。 「テレビ局はワイドショーを相変わらず中高年女性メインで考えていますが、団塊世代のサラリーマンがリタイアして10年が経ち、高齢男性の視聴も増えています。彼らは、タレントやブロガーのネット投稿のような“個人的な感想”を聞かされても、納得しません。専門知識や経験に基づいた解説を聞きたいんです。また、的を射た批判的なコメントでスカッとしたい。モーニングショーが独走しているのは、そうした路線だからですよ」(ワイドショーウオッチャー) 「グッとラック!」やフジテレビの午後の情報番組の方向は、視聴者が求めているものと大きくズレているということだ。負け組は早々に再リニューアルとなりそうである。 (コラムニスト・海原かみな)

【関連記事】