Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

3連覇への救世主となるか!? 一軍登板へ手ごたえをつかむ西武・内海哲也

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

「今日は良かったと思います」と試合直後に充実した表情で振り返ったのは8月9日、東京ヤクルト相手に6回1失点と好投した内海哲也だ。80球を投げ、被安打4、奪三振1、四死球0の内容だった。  立ち上がりから状態の良さをうかがわせた。初回、先頭打者の雄平選手を2球で追い込むと、最後は低めの変化球を打たせて中飛。その後もストライク先行で、18のアウトのうち12をゴロで奪った。3人で片付けたのは4イニング。終始安定した投球を見せた。  前回の北海道日本ハム戦では107球を放ったものの、6回途中5失点だった内海。「前回登板から良くなった、という感じはあります。フォームがしっくりきていなかったので、今日までフォームチェックをしっかりやってきました。(今日のフォームは)しっくりきましたね」と笑顔を見せた。  今回は「アバウトに投げた」という内海だが、内角への制球が光った登板でもあった。「インコースにしっかり投げ切ることが課題でしたので。(それができて)変化球も生きました」。CAR3219フィールドからメットライフドームへ。復活に向けて、内海の順調な調整が続いている。 西武ライオンズ

週刊ベースボール

【関連記事】