Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

J2再開戦、磐田は京都に0-2で完敗

配信

静岡朝日テレビ

J2◇第2節◇27日◇京都・サンガスタジアム  新型コロナウイルス感染拡大でリーグ中止から約4カ月。再開したリーグ戦で、J1復帰を狙うジュビロ磐田は、京都サンガF.C.に0-2で敗れた。序盤からボールを支配し、チームコンセプトのサイド攻撃を繰り返したが、最後までゴールを奪えなかった。一方で、京都のFWウタカに一瞬の隙をつかれ、前半28分と後半2分にゴールを決められた。  U-23日本代表で今季20得点を目指す磐田FW小川航基は、徹底マークされて、シュート0本と精彩を欠いた。後半27分は、高卒ルーキーFW三木直土に交代。しかし、チームの状況は変わらずに完封負けを喫した。無観客試合でサポーターの声援もない中、アウェーのスタジアムでむなしくホイッスルが鳴った。  磐田は、2月23日の開幕戦には勝利しており、1勝1敗で勝ち点3。7月5日の第3節は、ホームでファジアーノ岡山と対する。 磐田フベロ監督 ゲームの入りは良かった。失点後も我々のサッカーを続けていたが、後半の立ち上がりにまた失点しまった。その後、我々は交代枠を使って対抗したが、京都にしっかり守られてしまった。