Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「70年前に米国を選択したからと今後も選択する訳ではない」=イ・スヒョク駐米大使

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

イ・スヒョク駐米大使が12日、「70年前に韓国が米国を選択したため、これからも70年間、米国を選択する訳ではない」と述べた。 【写真】もっと大きな写真を見る イ・スヒョク駐米大使はこの日、国会の外交統一委員会の駐米大使館に対するビデオ国政監査において、このように明らかにし、「今後も米国を愛すことができて、国益となるのであれば、米国を選択することになる」とし「それでこそ米韓同盟が堅固となる」と述べた。 続けて、「愛してもいなにのに、70年前に同盟を結んだという理由で、それを継続しなければならないのは、米国に対する侮辱だ」とし「米国(との)同盟が必要なため、我々は米国を選択することになる」と付け加えた。 イ・スヒョク駐米大使のこのようなの発言は、米中葛藤に対する自らの過去の発言を弁明する過程で出てきた。 これに先立ち、イ・スヒョク駐米大使は、6月の特派員懇談会において、「我々が米国と中国の間に挟まって、選択を強要されることになると懸念されているが、我々が選択を強要される国ではなく、これからは我々が選択できる国という誇りを持つべきだ」と述べた。 これに対して米国務省は、イ・スヒョク駐米大使の発言について、「韓国は数十年前に権威主義を捨て、民主主義を受け入れたとき、すでに(米国と中国の間で)どちら側に立つか選択した」とする論評を発表していた。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】