Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元警部補を在宅起訴 熊谷小4死亡ひき逃げで遺品紛失、捜査書類を破棄

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 埼玉県熊谷市で2009年に小学4年の男児が死亡した未解決のひき逃げ事件に絡み、県警が証拠品として保管しながら紛失した男児の遺品の腕時計に関する捜査書類を破棄するなどしたとして、県警交通捜査課の男性元警部補が書類送検された事件で、さいたま地検は公文書毀棄(きき)の罪で、上尾市、会社員で元警部補の男(62)=定年退職=をさいたま地裁に在宅起訴した。虚偽有印公文書作成・同行使容疑については不起訴処分とした。処分はいずれも17日付。地検は裁定主文や処分理由を明らかにしていない。 <熊谷小4ひき逃げ>転倒後にひかれた可能性 専門家が自転車を検証 今後は着衣など調査、更に検証へ

 起訴状などによると、男は15年9月中旬ごろ、死亡ひき逃げ事件の証拠品として熊谷署に保管されていた腕時計の紛失が発覚することを免れるため、腕時計1個など証拠品11点に関する任意提出書と領置調書をシュレッダーにかけて破棄したとされる。  腕時計は事故当時に男児が身に着けていたとみられるもので、県警が証拠品として押収。18年10月ごろ、捜査の過程でなくなっていることが発覚し、県警は昨年1月、紛失を認めていた。  その後の調べで、紛失に関して男が書類を作り替えていた疑いが浮上。男は当初、県警の調べに、「腕時計を遺族に返却したように装うため」と話していた。県警は同年9月、虚偽有印公文書作成・同行使と公文書毀棄容疑で、男をさいたま地検に書類送検した。  ひき逃げ事件は09年9月30日、熊谷市本石の市道で発生。自転車で帰宅途中だった小関孝徳君=当時(10)=が車にはねられて死亡した。  事件を巡っては16年に道交法違反(ひき逃げ)罪の時効が成立。一方、県警は自動車運転過失致死罪(当時)の時効成立が目前に迫った昨年9月、適用罪名を危険運転致死罪(当時)に変更して捜査を継続すると明らかにした。これにより時効は10年間延長され、29年9月30日午前0時となった。

 県警はこれまでに、証拠品の紛失や元警部補の行為に対する責任があるとして、当時の上司らを訓戒や注意処分としている。

【関連記事】