Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ESPN』が選出したウェストの歴代ベストスターター/サウスウェスト・ディビジョン編

配信

バスケットボールキング

 5月22日(現地時間21日、日付は以下同)。現地メディア『ESPN』は、ウェスタン・カンファレンスの計15チームにおける、フランチャイズ歴代ベストのスターター5選手を発表した。  同メディアは、ライター陣へウェスト各チームのスターター5選手を聞き込み、そのフランチャイズに在籍していた期間における活躍度、インパクトを加味して選出している。  最後はサウスウェスト・ディビジョンに所属する5チームの歴代最強スターター陣を紹介していきたい。 ※カッコ内は所属期間、赤字は現役選手、G=ガード、F=フォワード、C=センター

<『ESPN』選出の歴代最強スターター陣(ウェスタン・カンファレンス/サウスウェスト・ディビジョン編)>

■ダラス・マーベリックス G:デレック・ハーパー(1983~94、96~97年) G:ジェイソン・テリー(2004~12年) G:ローランド・ブラックマン(1981~92年) F:マーク・アグワイア(1981~89年) F:ダーク・ノビツキー(1998~2019年)

ノビツキーの成長と成功を助けた2選手は惜しくも落選

 テリーはノビツキーのほかでは唯一2006年と11年にファイナルへ出場した選手であり、その両方のファイナルでノビツキーに次ぐ得点を残した。ハーパーとブラックマンはこのフランチャイズで永久欠番になったガード。アグワイアはチーム退団時に苦い思い出があるため、永久欠番にはならないだろう。だが在籍約8シーズンでチーム史上トップの平均24.6得点を残していたことは見逃せない。  今回のセレクトでタフだったのは、マイケル・フィンリー、ジェイソン・キッドを外したこと。前者はノビツキーがまだ若かった頃にサポートしており、後者は11年のファイナル進出を手助けし、チーム史上初優勝にも貢献していたからだ。 ■ヒューストン・ロケッツ G:ジェームズ・ハーデン(2012~現在) G:カルビン・マーフィー(1970~83年) F:トレイシー・マグレディ(2004~10年) F:ルディ・トムジャノビッチ(1970~81年) C:アキーム・オラジュワン(1984~2001年)

【関連記事】