Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「オリックス 働くパパママ川柳」の入賞作品が決定…大賞は「イクメンは 名もなき家事が できてから」

配信

スポーツ報知

 オリックス株式会社は1日、第4回「オリックス 働くパパママ川柳」の入賞作品を発表した。  働きながら子育てに奮闘するパパとママの日常をテーマとする「オリックス 働くパパママ川柳」は今年1月10日~2月13日の期間で募集すると、過去最多の5万4610句が寄せられた。  大賞は「イクメンは 名もなき家事が できてから」(パコラ・36歳女性)が受賞。昨今話題を呼んでいるフレーズ「名もなき家事」を取り入れ、働くママが抱える夫婦の連携への思いをストレートに表現した一句が選ばれた。  また、「パパ目線賞」として「テレワーク タスクかかえて 子もかかえ」(ドライビングパパ・24歳)などが選出。ママ目線でも「パプリカに 夢中なうちに 飯作る」(レモネードマダム・26歳)といった「あるある」な川柳が選ばれた。  「子ども目線賞」では「熱の日は ママといっしょに いられる日」(リンリン・10歳女子)という子育て中のパパママにとってはグッとくる川柳が受賞した。

報知新聞社

【関連記事】