Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シャツの着方は羽織り風が2020年秋のトレンド【小林麻耶さんが挑戦】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webマガジン mi-mollet

タレントの小林麻耶さんが読者の方と「ほっとできる時間」を共有したい、そんな気持ちでお送りする連載です。 【写真】小林麻耶さんの色気のあるショートヘアに似合うシャツスタイル この春、ショートヘアにしたタレントの小林麻耶さん。髪型が変わったことでファッションも変化が出てきたそう。今週からは人気スタイリストの斉藤くみさんに、ショートヘアに似合うファッションを教えてもらいます。 テーマは「シャツの着方」。これまでの連載でもシャツが主役のコーディネートに挑戦してきましたが、今回は一歩進んで、シャツを羽織りとしてラフに着こなします。いつもとは違ってぐっと肩の力が抜けた麻耶さんに注目です!

背筋が伸びるだけじゃない、シャツの新たな魅力に開眼

  シャツ¥11000/ノーク、パンツ¥9900/ノーク バイ ザ ライン(ノーク) タンクトップ¥7000/エブール イヤーカフ¥28000、バングル¥30000/ブランイリス(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店) バッグ¥67000/ア ヴァケーション、シューズ¥48000/ペリーコ(アマン)   麻耶:これまでのミモレでの連載でも、何度かシャツが着たいってお願いしていろいろ着ていたんですが、このシャツも、着方も初めてです! くみ:今季はシャツを羽織りとして着るのがトレンド。ヘルシーさのあるショートヘアにされたから、こんな感じにラフに着るのもお似合いになるなと思ったんです。 麻耶:シャツって着るときりっとして背筋が伸びるアイテムだと思っていたんですが、今回のコーディネートは気持ちが緩んで柔らかい雰囲気になった気がします。シャツなのに不思議! くみ:着てもらったシャツはパリッとしたコットンではなく、とろみのある素材で、色も真っ白じゃなくて柔らかなオフホワイトだからかな。 麻耶:なるほど。ラフだけど上品さもあって素敵です。柔らかくて軽めの素材だからカーディガン感覚で着られますね。 くみ:そうですね。もう少し厚手の素材のシャツなら、ジャケットのように使うこともできます。元々持っているシャツのきりっとした雰囲気があるから、ラフに着ても崩れすぎないのも大人が挑戦しやすいポイントです。

ぐっと前髪を厚めにしてラフな雰囲気をシフト

 森野:シャツを羽織りにしていて、襟元も開いているので、前髪を厚めにアレンジしました。ラフなシャツに合わせて、あえて耳も隠して”洗いざらし”風に。 麻耶:同じショートヘアなのにがらっと雰囲気が変わりました。すごい! くみ:前髪の分量や分け方だけで印象が変わるから、ショートってアレンジしがいがありますよね。 麻耶:本当に! 耳を出すか出さないか、前髪の分量、それだけ本当に変わりますよね。私もいろいろ試してみないと!  撮影/川崎一貴(MOUSTACHE) スタイリング/斉藤くみ ヘア&メイク/森野友香子(PerleManagement) 構成・文/幸山梨奈    

小林 麻耶

【関連記事】