Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「キャロルが欲しい」2年足らずで2台の旧車オーナーに!|女性オーナーが愛するマツダ キャロル360 Vol.3

配信

Nosweb.jp

「キャロルが欲しい」。 そう奥多摩ミーティングで叫んでいた彼女の前に出てきたのはメーターやステアリングなどは純正部品が揃っていて、希望以上のキャロルだった。 実車のキャロルと同じカラーリングのミニカーやスワロでデコったマツダマークなど、女性オーナー何やら楽しげな旧車ライフ(写真6枚)  ボディの状態も非常によく、インテリアは張り替えられていてパリっと新車のようだった。 クラッチ回りは購入店である東京・羽村の旧車専門店「ISUZU SPORTS」で整備してもらったおかげで、エンジンルームもキレイだ。 ただしヘッドカバーからのオイル漏れがあり、これは今後の課題になっているらしい。  すでにパブリカも所有していたが、希望通りのキャロルが出現し、思わず購入を決めた。  その言葉を聞いた人の多くが「???」となってしまいそうだが、「パブリカは2ドアでキャロルは4ドア。乗って行く用途も違うので、同じじゃない」というのが、2台目のキャロルの購入を決めた、彼女の言い分だ。 「パブリカではそんなことはなかったんですが、キャロルで3人で出かけた時に、急な上り坂で動けなくなったんです。しょうがないので、2人に降りてもらって、坂道を上りました」と話してくれた。  半年で、早くもキャロルらしいハプニングに遭遇したみたいだ。ただし、彼女にとって、旧車のそういったハプニングも楽しいらしく、旧車が嫌いになったり、とくに問題視することもない。 「休日は、パブリカかキャロルで出かけています。お金があれば、ファミリア1000クーペがとっても欲しい。ホンダS600も欲しい。夢は、この4台をガレージに並べてみたいです」とのこと。奥多摩ミーティングで、また叫んでみてください!

Nosweb 編集部

【関連記事】