Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

求めるのは“狂気的なエネルギー”と“執着心”。ビジネス賢者に聞く「仕事ができる人/できない人」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

毎日SNSをチェックするのが当たり前になった今、ビジネスパーソンの情報感度は高まっています。 ただ、SNSで目にするトレンドや社会情勢に対して、「自分の持論」を持てている人は少ないのでは? 新R25が毎週土曜日にお届けする「新R25ワイ土ショー」では、各業界で活躍するビジネス賢者に、トレンドや社会情勢にまつわるさまざまな質問を投げかけ、各々の持論を展開してもらいます。 賢者たちの回答をきっかけに、ぜひ自分なりの意見を考えてみてください! 今回のテーマは「仕事ができる人/できない人」。 Twitter上でたびたび目にする「~な人は仕事ができる」といった投稿。「自分はこんなふうに仕事ができているのか?」と改めて見直すきっかけになりますよね。 では、業界の最前線で働くビジネス賢者たちは、どんなところを見て「仕事ができる人」と判断しているのでしょうか? 今回は、以下の2つの質問を聞いてみました。 「仕事ができる人」 「この人は仕事ができる」と思った人の具体的な特徴とは? 「仕事ができない人」 逆に「できない」と思う人はどんな特徴があるのか? 自分の日々の仕事ぶりを振り返りながらご覧ください!

幡野広志「新人の教育がうまく、自分で考える力がある」

■幡野広志が考える「仕事ができる人」 幡野さん: 仕事ができる人は、新人の教育がうまい。 温厚だったり注意の仕方がうまかったり、コミュニケーション能力や人柄というのが大きいとおもいます。 それから自分で考える能力があるかどうか。 仕事できる人は、理解して自分で考えることができる。仕事ができない人はこれが弱い。 ■幡野広志が考える「仕事ができない人」 幡野さん: どんなに仕事ができても、いつも怒ったり、不機嫌を周囲にばら撒いて萎縮させたりして、雰囲気を悪くするような人だと、仕事ができない人だと思います。 いい人であるって大切ですよ。やっぱりいい人と仕事したいもん。

ひろゆき「3の説明で、10まで理解できる」

■ひろゆきが考える「仕事ができる人」 ひろゆきさん: 3の説明で、10まで理解できる理解力と、知識や経験があること。 ■ひろゆきが考える「仕事ができない人」 ひろゆきさん: 一度した話を繰り返さないといけない人。

【関連記事】

最終更新:
新R25