Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャンプ初心者はまず何からすべきか。「ロゴス代表」に聞いた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
bizSPA!フレッシュ

 コロナ禍で苦境を強いられるレジャー産業だが、一方でキャンプやBBQといったアウトドア・レジャーを楽しむ人々が増えているそうだ。  テントやグリル、チェアなどのアウトドア用品を扱うメーカーは国内外に様々ある中、「世の中に無いものを創る」というモットーを掲げ、ユニークな取り組みを行なっているのが「LOGOS(ロゴス)」だ。  同ブランドを展開する株式会社ロゴスコーポレーション代表取締役の柴田茂樹社長に、欧米スタイルのアウトドア文化を日本に持ち込んだ理由や、今後のアウトドアブームの可能性について聞いた。

後継ぎにはなりたくない…と父親とケンカ

 LOGOSのアウトドア用品を愛用するユーザーは通称「ロゴサー」と呼ばれている。野外フェスやキャンプ場などへ行けば、LOGOS商品のシンボルマークであるメイプルリーフ(楓)を見かけることも多いのではないだろうか。 「1928年に祖父が大阪で創業したときは、船舶用品を扱う問屋からスタートしました。父親も会社を受け継ぎ、やがて自分も後継者になるのかと考えたのですが、どうしても会社を継ぎたくなかった。高校3年のときには『大学に進学するか否か』を巡って、父親とケンカしていました(笑)。結局大学へ進んだのですが一切、父親とは口も聞かなかった」  大学卒業後は一般企業で働こうと就職活動を続けたが、いわば「社長の御曹司」という立場である以上、なかなか採用してもらえずに苦労したと語る。 「面接に行っても『どうせすぐ辞めるだろう』と勘繰られてしまい、落とされてしまうんですね。当時の就職活動は父親の仕事を聞かれるんですよ。『すぐ辞めるなんて考えていない。会社へ貢献できるように頑張る』とアピールしても採用してもらえなかったことを覚えています」

突然父親からの電話。倒産寸前

 それでも、大学卒業時にはスポーツ用品を扱う卸売会社へ無事就職が決まり、社会人生活をスタートした。順調に就職先の企業で4年間働いていたある日のこと、突如として父親から電話がかかってきたのだという。 「茂樹、年末まで会社がもたないかもしれへん。手伝ってくれ」  まさに青天の霹靂(へきれき)とはこのことだろう。柴田社長は急な出来事で衝撃的だったと当時を振り返る。

【関連記事】