Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「お寺の掲示板」がコロナ禍に激励「だいじょうぶだぁ」

配信

SmartFLASH

 緊急事態宣言の解除が進み、人々は徐々に日常を取り戻しつつあるように見える。だが、新型コロナの影響はあまりに深刻。世に蔓延した不安、不信は、しばらく払拭できそうにない。 【写真あり】仏教スターティン!「お寺の掲示板」が心に沁みる  そんなとき、少しでも心の平穏を取り戻そうと、励ましの言葉をかけてくれるのが「お寺の掲示板」だ。ふだんは気にしていなくても、今なら、ふとした言葉に気が安らぐはずだ。  2018年から「輝け! お寺の掲示板大賞」を主宰する、仏教伝道協会の江田智昭氏は語る。 「お釈迦様は、『人生は苦である』と説いておられますが、この『苦』とは『思いどおりにならない』ということで、現在多くの人々が痛感していることでしょう。  仏教は『思いどおりにならない人生をどう生きるか?』を説いています。この機会に、ぜひふれていただければと思います」 「新しい生活様式」も大事だが、まずは自らの胸に手を当て、これらの言葉を口にしてみては。 ●永明寺(福岡)  志村けんさん死去の翌日、3月30日に掲示されたという。 「父が『ひょうきん族』より『全員集合』派だった影響もあり、私も幼いころからずっと笑わせていただきました」(松崎智海住職) 「不安な時代を生きている私たちへのメッセージのようにも受け取れます。ちなみに『涅槃経』では、『大丈夫』という言葉が仏の異名として登場します」(江田氏)

●超覚寺(広島) 「出典はなく、そのままの意味。いま一度自らを見つめ直すことも必要でしょう」(和田隆恩住職) 「『コロナに打ち勝とう』という言説も目にしますが、私たち人間が、多くの生物に有害な存在であることを忘れてはなりません。すべては、縁起(つながり)の中で生きています」(江田氏)

●西光寺(東京・谷中)  今を全力で生きることこそが、明日へと繋がる道――とのお言葉。 「多くの人が不安を抱えていると思いますが、お笑い芸人のオードリーの若林さんが著作の中で、『ネガティブを潰すのはポジティブではない。没頭だ』と述べていました。いま没頭できるものを探しましょう」(江田氏)

【関連記事】