Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

《日大生刺殺事件》容疑者の凶行と持病のギャップと、グループLINE脱退の謎

配信

週刊女性PRIME

「会うと必ずニコっと笑って、深々とおじぎをして挨拶してくれる。最近では珍しいくらい、いい子だったのに……」 【写真】切れ長の目つきが印象的、容疑者の近影と中学生時代  そう近所の人々が嘆き悲しむのは、無残にも刺殺された山田未来さんのこと。

今年1月、沼津警察署に相談

 事件は6月27日の真っ昼間の1時20分ごろ、静岡県沼津市郊外のみかん畑が広がるのどかな海沿いの集落で起きた。コンビニでアルバイトを終えた未来さんが、取りたての免許で運転していた母親の車から降りた直後だった。  自宅から70メートルほど離れた狭い路地で待ち伏せしていた堀藍容疑者が、猛然と刃物で襲いかかったのだった。 「助けてください、助けてください!」  と、未来さんの叫び声が静かな住宅街に響き渡ったが、容疑者は未来さんに馬乗りの状態になったまま、刺し続けた。背中など傷は10か所にも及んだという……。  未来さんは病院に搬送されたが、約2時間後に失血死。  当初、堀容疑者は殺人未遂で現行犯逮捕されたが、殺人容疑に切り替わった。  全国紙の社会部記者が次のように説明する。 「容疑者は犯行については認めているようですが、詳細な動機についてはまだ供述していません。2人とも静岡の三島市にある日本大学国際関係学部の国際教養学科2年生です。顔見知りだったと思われますが、容疑者が一方的に好意を寄せていたうえでの“暴発”だったようです」  未来さんは今年1月、「自分の電話番号を店舗の落書きやSNSに書き込まれる」などと沼津警察署に相談していたが、堀容疑者の名前は出なかったという。  地元では有数のみかん農家の長女として生まれた未来さんは、80歳近い祖父母と、両親、高校生と中学生の弟と同居していた。 「未来ちゃんはおじいちゃん、おばあちゃんっ子。ここらで若い子は高校を出るとほとんどが都会へ出てしまうが、彼女はホントに優しい子だったから、自宅を離れなかったんじゃないの。以前は免許がなかったので、お父さんがアルバイト先まで送迎していてね。家族仲もとてもよかった」(近所の住民)  小学校時代は、読書感想文で賞をとったこともある成績優秀な子どもだった。 「でも、中学校の後半は学校を休みがちだったそうです。何があったのか、理由はわからないけど」(同級生の父親)

【関連記事】