Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本の経済成長率が先進国で一番高くないとヤバイ理由

配信

ダイヤモンド・オンライン

 世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。 その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著が、大手書店のベストセラーとなり、話題となっている。BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した本だ。なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか? 直木賞作家・作詞家のなかにし礼さんが激賞、脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、某有名書店員が「100年残る王道の1冊」「2019年で一番の本」と断言した『哲学と宗教全史』が、2400円+税という高額本にもかかわらず8万部を突破。「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」では総合グランプリ第6位、リベラルアーツ部門第2位となった。本連載も累計95万PV(ページビュー)を突破した。 「日経新聞」「日経MJ」「朝日新聞」「読売新聞」「北海道新聞」「中国新聞」「京都新聞」「神戸新聞」「中日新聞」で大きく掲載。“HONZ”『致知』『週刊朝日』『サンデー毎日』「読売新聞」でも書評が掲載され、話題となっている。 今回も先日、立命館小学校で行われた出口氏の講演ダイジェストをお送りしよう。 【この記事の画像を見る】 ● 成長率を重視しないとヤバイ!?  前回の連載「フランスで出生率が上がったのはナゼ?」の最後で僕は、 「長期的に見ると、男女差別をなくしていくことは、ユニコーンを生むだけではなく、少子化にも一番大きい効果を生むのだと思います。ですから、日本がこれからやるべきことは、まず過去30年の日本の統計データを虚心坦懐に見つめることです。そして、3つのキーワード(女性、ダイバーシティ、高学歴)を大事にして、新しい産業を生んでいく以外の解はないのです」 と話しました。  こういう話をすると、  「あなたは成長主義者ですか? いまだにGDPだけをベースに議論するのですか?」 さらに、  「日本のように成熟した国では、 もう経済至上主義は忘れて、 国民の幸せを考えたらどうでしょう?」  という人もいます。  僕は、そういう意味では、成長主義者です。 世界の先進国、アメリカ、ヨーロッパ、日本。 この3地域で、僕は日本が最も経済成長率が高くないと、国自体がもたないと考えています。  その理由は簡単で、日本は世界一高齢化が進んでいるからです。  みなさんの家庭でも、高齢化が進めば出費が増えます。 僕も昔はタクシーに乗るのは大嫌いで、2、3キロぐらいならいつも歩いていました。  でも、古希をすぎたら横着になって、今日もタクシーでここまできました。 ですから、年を取れば必ずお金が出ていきます。 その分を取り戻さないと、貧しくなるしかない。 だから、今の生活水準を維持するためにも、ある程度の経済成長は必要です。 冒頭に述べた「衣食足りて礼節を知る」という言葉がありますが、「貧すれば鈍す」で、経済が立ち行かなくなると全体がゆがんでくると思います。  続きは次回にしましょう。  過去の僕の『哲学と宗教全史』全連載は「連載バックナンバー」にありますので、ぜひご覧いただき、楽しんでいただけたらと思います。

出口治明

【関連記事】