Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石垣市が通販サイト開設 特価で石垣牛カレーやミンサー織り販売 出店者・購入者ともにメリット

配信

沖縄タイムス

 石垣島の特産品を全国に発信-。石垣市は10日、コロナ禍で販売不振に見舞われる特産品事業者を支援するため、市営のインターネット通販サイト「Ishigaki Fan Market」を開設した。ネット通販に対応することで観光客以外の販路を確立し、抱えた在庫品の販売を促進する。事業者へのサイト登録料や手数料を無料にする一方、特価販売を求めており、購入側にもメリットがある。すでに51事業者から菓子や工芸品など120点超の出品があり、市は「『石垣ブランド』の買い物を楽しんで」と利用を呼び掛けている。 この記事の他の写真・図を見る  島の素材からなる特産品は主に観光土産品として観光客に販売される。ところがコロナ禍によって来島が激減。唯一の販路を失い、厳しい経営を余儀なくされている。  市営通販サイトは、観光特産品販売事業者緊急支援事業として実施。予算は470万円で国の臨時交付金を活用した。運営は委託先の石垣島物産公社が担う。  出店者と購入者の双方にメリットが得られるようになっている。店側はシステム利用料などがかからない分の利益が大きくなるほか、1商品当たり3千円の商品掲載料も3品までは無料に。買う側も特価に加え、異なる店の商品でも混載して届けてくれるので通常であれば個別に発生する送料を節約できる。  出店の多くは食品加工や工芸品の事業者。フルーツジャムやコーレーグースなどの調味料、石垣牛の高級レトルトカレー、八重山ミンサー織りの財布など豊富な特産品が出品されている。市は今後も随時出店申し込みを募り、品ぞろえを充実していく考え。  中山義隆市長は「来島を自粛している観光客や全国の多くの方に購入していただき、石垣島ファンになってほしい」と期待した。  通販サイトへのアクセスは、https://ishigaki-fan-market.com

【関連記事】