Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ALI×岡崎体育×OKAMOTO’S「THE FIRST TAKE FES」で見せたプレミアムな緊張感

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 ALI、岡崎体育、OKAMOTO’Sが5日、『THE FIRST TAKE FES vol.1』に出演し、パフォーマンスした。  都内の某ライブハウス。ステージのバックグラウンドは白一色。照明は極めてフラットかつクリアな明るさのままキープされ、華美なセットやスモーク等の特効も一切無い。  下手前方のステップを上って、ALIが、岡崎体育が、そしてOKAMOTO’Sがステージに立つ。すると、静謐な空間に独特な空気が張り詰める。その様子はさながらドキュメンタリーのようでありながら、ミニマルアートのようでもある――。  『THE FIRST TAKE FES vol.1』は、YouTubeで187万人の登録者数を誇る、アーティストによる一度限りのパフォーマンスを鮮明に切り取る音楽チャンネル「THE FIRST TAKE」のコンセプトを踏襲した記念すべき第一回目の“フェス”だった。  “フェス”と銘打たれてはいるが、現地にオーディエンスはいない。入場から退場までの一部始終を収める映像は複数台の定点カメラで、音声は高感度のコンデンサーマイクで収録され、追加の撮り直しもオーバーダブ(追加録音)も一切ない、言わば“一発撮り”である。  「1アーティストにつき2曲を披露」という以外、パフォーマンスや演出、選曲についてのルールも特に設けられていない。YouTube配信のための最適解として16:9のバランスで設営された白いステージのみという環境の下、全ての判断はアーティスト各々に委ねられている。  また、『THE FIRST TAKE FES vol.1』は、未だ収束の見えないコロナ禍の只中における“フェス”でもある。結論から言えば、3組のアーティストによる2曲の選曲とそのパフォーマンスは、自ずとそれぞれが辿ってきたこれまでの活動のヒストリー、現在の胸中、さらにはオーディエンスへのメッセージが反映される格好となった。

【関連記事】