Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オリックス山岡、5回まで好投も栗山に痛打で2失点

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊スポーツ

<西武2-1オリックス>◇16日◇メットライフドーム オリックス先発の山岡泰輔投手(25)が痛打を浴びた。 【写真】1回裏西武の攻撃を抑えた山岡は笑顔で手を上げる 5回までは走者を出しながらも無失点の力投。1点を先制した直後の6回に暗転した。1死一、二塁でメヒアを低めスライダーで空振り三振。栗山には3球連続で内角速球を投じたが右中間を破られる逆転の2点適時二塁打を浴びた。この日の試合前には「流れを止めるのも、流れを維持するのも金曜日。連敗を止めたい。中5日でも気持ちが変わることはない」と気合を込めていた。チームは3連敗中。10日日本ハム戦以来、中5日のマウンドで奮闘したが、カード初戦の勝負どころで踏ん張れなかった。この日は6回2失点で降板。今季3勝目はならなかった。

【関連記事】