Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

滝上町で“核のごみ”勉強会…町長は「考えていない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
HBCニュース

北海道放送(株)

 いわゆる「核のごみ」の最終処分場選びの調査プロセスが2つのマチで動き始めた道内で、新たに滝上町でも地層処分に関する勉強会が開かれていたことがわかりました。  勉強会は17日、町民の有志が開いたもので、20人ほどが参加しました。NUMO=原子力発電環境整備機構の担当者が、地層処分や調査プロセスについて説明しました。  「滝上町の地盤の安全性を科学的に証明してくれて、全国に発信してくれるのではないかなと思った」(勉強会を開いた有志の代表 中津一夫さん)  滝上町は道北の内陸にあり、国の科学的特性マップで「輸送面でも好ましい」とされるエリアはほとんどありません。長屋栄一(ながや・えいいち)町長は「最終処分場の受け入れは考えていない」と話しています。

北海道放送(株)