Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DJ、マキロイも選んだ“あのクラブ”が1位に。2020年上半期「売り上げトップ5」を聞いてみた!【ユーティリティ編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

今年も多くのニューモデルが発売されたが、一番売れたのはズバリどれ!? ゴルフ小売り大手「ゴルフ5」の総売り上げデータを基に、番手ごとに連日ランキング形式で発表! 今回はユーティリティ編。 ダスティン・ジョンソンのスウィング連続写真はコチラ

D・J、マキロイも選んだSIM MAXが1位に

さっそく、2020年上半期ユーティリティ総売り上げランキング、1位から5位までを見てみよう。 1位:テーラーメイド「SIM MAXレスキュー」 2位:ピン「G410ハイブリッド」 3位:ダンロップ「ゼクシオ11ハイブリッド」 4位:タイトリスト「TS2ユーティリティ メタル」 5位:キャロウェイ「マーベリック」 ユーティリティ部門1位はテーラーメイド「SIM MAXレスキュー」。ドライバー、フェアウェイウッドに続き、ウッド類のすべての番手で1位を獲得と、アマチュアゴルファーからの人気っぷりがうかがえる。

SIM MAXは適度な寛容性を持ちながら、つかまりはやや抑えられたモデル。その性能が評価されたのか、今までユーティリティを採用していなかったダスティン・ジョンソンやロリー・マキロイらPGAツアートップ選手もバッグに入れるほどだ。 2位はピンの「G410ハイブリッド」。こちらもご多分に漏れず、渋野日向子使用クラブのひとつ。ドライバー、フェアウェイウッドに続き、ユーティリティでも色あせない人気を誇っている。 性能としては、複合素材のヘッドによって深・低重心化が図られておりミスに強く、マレージング鋼C300を採用した極薄フェースのたわみによって、高初速・高弾道を実現している。また、ユーティリティでは珍しく、ロフト・ライ角の調整機能が搭載されているのもポイントだ。

3位はダンロップ「ゼクシオ11ハイブリッド」。同シリーズのフェアウェイウッドにも搭載されていた、フェース周辺部を極薄に設計しソールをたわませて飛距離を伸ばす「キャノンソール」をユーティリティでも搭載。 グリップエンド部に重量を持たせたでカウンターバランス効果を生み、スウィングの安定や振り抜きの向上につながる「ウェートプラステクノロジー」も他番手と同様に搭載。過去シリーズから続くコンセプト通り、“やさしく飛ばせる”1本だ。

【関連記事】