Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

横浜流星、他人と比較していた10代 ブレイクも慢心なし「やるべきことは変わらない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 俳優の横浜流星(24)が、女優の吉高由里子(32)とW主演を務める映画『きみの瞳(め)が問いかけている』が10月23日に公開を迎える。TBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で“ゆりゆり”こと由利匡平を演じ、一気に人気俳優の地位を確立しつつある横浜だが、飛躍をとげた2019年をどのように感じているのか。これからどのような思いで俳優業にまい進していくのか、現在の心の内に迫った。 【場面カット】念願のボクサー役…迫力ある横浜流星のアクションシーン  横浜が演じるのは、かつて将来を有望視されていたキックボクサーだったが、過去の事件をきっかけに心を閉ざし、現在は日雇いバイトで食いつなぐ無口な青年・篠崎塁。不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようとする明香里(吉高)と出会い、2人は惹かれ合い幸せな時間を過ごしていく。しかし、明香里が視力を失った理由を聞いた塁は、彼だけが知る残酷な運命に気づいてしまう――。 ■念願だったキックボクサー役「夢がかないました」  『はじこい』のほか、映画『虹色デイズ』(18年)、『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」』がふたつ。』(・はハート/19年)など、これまで多くの恋愛作品に出演している横浜。本作は“純度の高い”恋愛映画とも称されるが「まず、大人のラブストーリーですね」とこれまでの恋愛作品との違いを話す。  「今までは、女性の憧れが詰まったシチュエーションをやることが多く、非現実的なものをいかに現実的にさせるかが課題でした。今回も物語は非現実的かもしれませんが、自分が今まで出演した作品の中では、現実的な恋愛物語です。恋愛の幸せな部分、残酷さ、生々しさなどが掘り下げられた内容になっていると思います。自分も深いところまでこの作品にのめり込めました」とより作品に寄り添うことができたという。  さらに、キックボクサーを演じるにあたり、1ヶ月で10キロ増量するなど肉体改造に励み、プロのボクサーと対戦するアクションシーンも盛り込まれている。横浜といえば特技の極真空手の大会で優勝を飾り、世界一となった経歴を持つが「キックボクシングをできたのはうれしかった」と笑顔を見せる。  「もしこの仕事でなかったら、父がやっている大工か、それこそキックボクシングの選手になろうと考えていたので、中学生・高校生のときに抱いていた夢がかないました」と念願かなった役柄を喜ぶ。そして、限られた時間の中で役作りを徹底する理由については「器用にパッとできるタイプではないので、極力私生活やプライベートでもその役でいられるように、常に役のことを考えるようにしています」と自身の性格を分析し、仕事と向き合うようにしているという。

【関連記事】