Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『子供はわかってあげない』公開延期 上白石萌歌からメッセージ到着

配信

クランクイン!

 6月26日より全国公開が予定されていた女優・上白石萌歌主演の映画『子供はわかってあげない』が、新型コロナウイルスの感染による影響に鑑み、公開延期が決まった。 【写真】『子供はわかってあげない』フォトギャラリー  新たな公開予定日は未定。購入済みの前売り券は、延期後の上映時に利用できる。  公開延期について、主演の上白石は「汗も涙も肌の色も(笑)、すべてを捧げたこの作品。わたしのキラキラとした思い出とともに、ゆっくりじっくり温めますので楽しみにしていただけると嬉しいです。わたしも公開を心待ちにしながら、この作品がより輝くものになるように頑張らなくちゃ! 劇場でお会いできる日まで、どうかお元気で!な!」とのコメントを寄せた。  また、原作者の田島列島は「映画『子供はわかってあげない』の試写を観たとき、私は『こんなに素敵な映画にしてもらえた! 早くみんなに観せたい!』と思いました。今回、残念ながら公開延期となりましたが、健康とお金の心配なくこの素敵な映画を観ていただける日が来るのを、皆様と一緒に楽しみに待ちたいと思います」としている。  本作は、高校生のひと夏の冒険を描く青春映画。原作は田島列島による同名の人気漫画で、映画『南極料理人』『横道世之介』の沖田修一監督が初めて漫画原作の作品に挑んだ。主人公・美波役を上白石、相手役のもじくんこと門司役を細田佳央太が演じるほか、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴、古舘寛治など実力派キャストが集結している。  ひょんなことから意気投合した美波(上白石)ともじくん(細田)は、ある日、美波のもとに突然届いた“謎のお札”をきっかけに、幼い頃に行方が分からなくなった美波の“実の父”を探すことに。探偵をしているという、見た目は女?!なもじくんの兄・明大(千葉)の協力のもと、“実の父”藁谷友充(豊川)を意外とあっさり探しあてる。そして美波は今の家族には内緒で友充に会いに行くが―。再会した父はなんと元教祖だった…!?  映画『子供はわかってあげない』は近日公開。

【関連記事】