Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スコールズ「ペップ時代のバルサは史上最高のチームの1つ」

配信

超WORLDサッカー!

マンチェスター・ユナイテッドOBであり、元イングランド代表MFのポール・スコールズ氏がジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ指揮官)政権下のバルセロナを「史上最高」だと評した。 【動画】代表合宿でもふざけるリンガード スコールズ氏がそう語る当時のバルセロナは2008年からグアルディオラ氏が指揮。元スペイン代表MFのチャビ・エルナンデス氏(現アル・サッド指揮官)や、元同代表MFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)を筆頭に多士済々のタレントも在籍した。 その当時、サー・アレックス・ファーガソン氏が指揮を執ったユナイテッドは2009年と2011年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝でバルセロナと相対して、いずれも敗北。スコールズ氏は彼らの存在がなければ、「優勝できた」と考えているようだ。 『A Goal In One』のポッドキャストに登場したスコールズ氏は「本当に不運だった。生きる時代が違ったら、4回、5回、6回ぐらいは欧州を制していたかもしれない」と回顧。2000年代初頭のレアル・マドリー以上に「強かった」と話した。 「中盤にイニエスタ、チャビ、ブスケッツ、メッシ。左にアンリがいて、ピケとプジョルが最終ラインの中央を陣取るなんて、まさに非現実的な世界だ。今まで対戦したチームのなかで、間違いなくベストだ。史上最高のチームの1つさ」 「少し遡って、我々が対戦したレアル・マドリーのことを考えれてみよう。あるシーズンにベルナベウでボコボコにされた。1stマッチで1-3の黒星を喫して、なんというチームだと思ったよ。本当に強かった。でも、バルセロナに到底及ばない」 「あの当時のレアル・マドリーは非現実的な存在だったロナウドやジダン、フィーゴ、レドンドがいて、ラウールやロベルト・カルロス、イエロ、カシージャスも擁するバカげたチームだった。とんでもないチームと対戦したのさ」 「しかしながら、バルセロナはあの偉大なチームだったレアル・マドリーをも凌駕していた」

超WORLDサッカー!

【関連記事】