Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハロヲタ松岡茉優&弘中綾香アナ、『ソロフェス』に“声”で参戦「これぞ、ハロプロ」

配信

オリコン

 ハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループ・モーニング娘。’20、アンジュルム、Juice=Juice、つばきファクトリー、BEYOOOOONDSの5グループ総勢52人がソロパフォーマンスを披露する『Hello!Project presents…「ソロフェス!」』が、7月4日(後2:00~)にCSテレ朝チャンネル1で5時間にわたって放送される。番組を盛り上げる援軍として、ハロプロファンを公言する女優・松岡茉優とテレビ朝日の弘中綾香アナウンサーが声の出演で参戦したことが明らかになった。 【写真】ナレーションを担当するテレ朝・弘中綾香アナウンサー  松岡は副音声でガチに熱のこもった解説を担当。弘中アナは思いを込めてナレーションを務めた。  松岡は「見逃して良い場面がないです。ミリもありません。そして、なぜ私はハロプロに射抜かれているのか、という理由がはっきり分かりました。ファンの皆さまもきっと、『ああ、ハロプロ。これぞ、ハロプロ。』と思われるはずです。ソロなのに(以下略)」と熱いコメント。  弘中アナも「いつもみんなグループで活動しているので、個人のパフォーマンスというのがファンにとってはたまらない企画になっているのではないかと思います」と見どころをアピールした。  2人の熱いコメント全文は以下のとおり。 ■松岡茉優コメント ――番組の見どころ むしろ見逃して良い場面がないです。ミリもありません。そして、なぜ私はハロプロに射抜かれているのか、という理由がはっきり分かりました。ファンの皆さまもきっと、『ああ、ハロプロ。これぞ、ハロプロ。』と思われるはずです。ソロなのに。グループとしてのハロー!プロジェクトを応援しているのに。 ――副音声を担当することになった感想 オファーをいただいた時は、「誰得?」と思ってしまいました。だってみんな私と同じようなリアクションを家でとっているはずだし、わざわざ私の実況なんて聞く必要がない。譜久村さんもご一緒ですと追加のお知らせが来て、ようやく理解しました。 いまだかつてこんなハロプロリーダーが居ただろうか?というほどにファン寄りの視点と発想を持ちながら、研修生(ハロプロエッグ)としての経験もあり、各メンバーへの愛と分析がパフォーマーとしての観点から説明出来る人。私はこのハロー!プロジェクトきっての女神にお話を伺えばよいのですね?と。「あああああふくちゃんだあああ」という気持ちを鎮め、冷静を心がけました。 かなり貴重なお話をいくつも伺えたので、推したちのパフォーマンスを通常に見たあと、ぜひ女神の解説をお聞きくださいませ! ――リクエストをするなら誰に何を歌ってほしい? 個人的に、意外な選曲がかなり多くて。メンバーの層の厚さに感動しました。もっとこんな曲も聴きたい!あの曲歌ってほしい!という気持ちが溢れておりますので、曲のリクエストではなくCSテレ朝チャンネルのみなさま、そしてアップフロントのみなさまに第2弾制作の検討をリクエストします。 ――ハロプロメンバーのメッセージ ハロプロオールスターズの皆さんへ。どうか幸せになってください。おいしいご飯を食べ、日々がきらめき、楽しいことや嬉しいことがたくさん起こりますように。 なぜ私たちがこんなにも皆さんの幸せを願うかというと、いつもそうしてもらっているからです。皆さんが居るからご飯がおいしく、皆さんが居るから日々がきらめき、皆さんが居るから楽しく、嬉しい。舞台に立ち続ける苦労もプレッシャーもわからないから、わかってあげられないから、どうか幸せになってくれと願うのです。 ずっと笑っていてほしいという願いすら傲慢かもしれないとためらうほどに皆さんの存在は眩しい。生きる希望を、未来への願いを他者への愛を、日常の尊さを思い出させてくれて、ありがとう。 ■弘中綾香アナウンサーコメント ――番組の見どころ いつもみんなグループで活動しているので、個人のパフォーマンスというのがファンにとってはたまらない企画になっているのではないかと思います。 ――ナレーションを担当することになった感想 視聴者の方よりも早く映像を見ることができたので、率直にうれしいです。 ――リクエストをするなら誰に何を歌ってほしい? Juice=Juiceの稲場愛香ちゃんが、ダンスも上手ですごくかわいいと思うので、小学生の時から大好きな松浦亜弥さんやソロの方の曲を愛香ちゃんの表現でパフォーマンスしているのを見てみたいなと思いました。 ――ハロプロメンバーへのメッセージ いろいろなコンサートが延期や中止になっている中で、この企画でソロパフォーマンスに力を注いでくださったということを聞いて、すごくありがたいなと思ったのと、私を含め、ハロプロファンの皆さんは、早く生でライブを見たいという気持ちはずっと変わりません。お互い元気でその日を待ちましょう!

【関連記事】