Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

獣害対策、オオカミ再導入訴え 豊かな森の再生へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オルタナ

かつて日本にも野生のオオカミが存在していました。誰もが知る童話「赤ずきんちゃん」に代表されるように、長年「邪悪で人を襲う動物」というイメージで捉えられてきたオオカミ。日本では明治時代に絶滅したといわれています。日本の森にオオカミを復活させ、シカなどによる獣害を食い止め、豊かな生態系を取り戻そうという動きがあります。「オオカミ再導入」のために活動する団体に話を聞きました。(JAMMIN=山本 めぐみ)

オオカミを日本に復活させるために活動

「日本オオカミ協会」は、生態を科学的に正しく伝えることで人々のオオカミに対する誤解と偏見を解き、オオカミの復活とそれによる自然生態系の保護や獣害事故の防止を目指して活動する一般社団法人です。 「本来森にあった生態系を取り戻すためのオオカミの復活・再導入に向けた啓発活動、より多くの人たちにオオカミを正しく理解してもらうためのセミナーやフォーラムの開催のほか、全国にある14の支部ではそれぞれ勉強会の開催や、オオカミ再導入に向けての要望書を行政に提出するなどの活動を行っています」と話すのは、団体スタッフの林貴士(はやし・たかし)さん(52)。

林さんは長野でりんご農業を営み、獣害を実感しているといいます。特にシカによる被害は大きな問題になっているとのこと。 「なぜシカがと思われるかもしれませんが、シカというのは目が届く範囲の草木をすべて食べてしまう生き物。一夫多妻制のためどんどん数が増えますが、今、森にはシカを捕食する生き物がおらず、その数はさらに増えています。過剰に繁殖したシカは草を食べ尽くし、木々の芽や皮を食べます。そうすると木々が枯れ、草木によって守られていた大地が裸地化しています。このままでは、日本の森林は荒廃の一途をたどるでしょう」

オオカミの導入が 森林の荒廃と被害を食い止める

「シカの過剰採食によって生物多様性が低下し、日本の森は生態系が完全に狂ってしまっている」と指摘する林さん。シカが増えすぎた背景には、後継者不足などによる狩猟者の激減と、生態系の頂点捕食者であったオオカミの絶滅があるといいます。 オオカミの不在による自然への影響が出ているのは日本だけではありません。アメリカにある「イエローストーン国立公園」では、オオカミの不在によって「エルク」と呼ばれる大型のシカが大繁殖。ポプラなどの若芽を食べ尽くし、生態系が大きく乱れました。 「事態を深刻に受け止めた行政は、1995年に8頭のオオカミを公園に放ちました。すると生態系が以前のかたちに復元され、野には緑が、川には豊かな水が戻り、姿を消していたビーバーやネズミなどの小型の哺乳類が戻ってきたのです」

【関連記事】