Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

伝説の1984年ドラフトの真相――ジョーダン獲得は「失敗」と謝罪したブルズ、歴史を変えた“ブーイの嘘”【NBAドラフト史】

配信

THE DIGEST

 マイケル・ジョーダンを輩出した1984年のNBAドラフトは史上最高の当たり年と言われるが、一方でこの年は今でも論議の尽きない変事が発生している。当時のカレッジ界No.1選手はジョーダン。その彼がなぜ3位指名に甘んじたのか?NBAドラフト史最大の謎に迫る。 【PHOTO】引退後もその影響力は絶大!NBAの頂点に君臨するバスケットボールの”神様”マイケル・ジョーダン特集 ■“史上最悪のスルー”はなぜ起こったのか?  120年以上に及ぶバスケットボールの歴史のなかで、最も偉大な選手とされるマイケル・ジョーダンを世に送り出し、ほかにもアキーム・オラジュワン、チャールズ・バークレー(元フィラデルフィア・セブンティシクサーズほか)、ジョン・ストックトン(元ユタ・ジャズ)という4人のレジェンドを輩出した、目も眩むような豪華さを誇る1984年のNBAドラフト。  だがその一方で、この年のドラフトでは今でも論議の尽きることがない変事が発生している。ドラフト直前のカレッジシーズンにおいて、メジャーアウォード7つすべてを独占した、いわばその年のカレッジNo.1選手であるジョーダンが、3位指名に甘んじたのである。    その後のジョーダンの驚異的な活躍と、慢性的に故障を抱え期待外れに終わった2位指名選手、サム・ブーイの落差があまりに大きかっただけに、ジョーダンの指名をパスした行為は“史上最悪のスルー”と称されている。そして、見送ったポートランド・トレイルブレイザーズはその見る目のなさや判断力の悪さを延々と蒸し返され、歴史的愚挙としてその後何度も判断の是非を検証されることになる。  史上最高のドラフトクラスとされる1984年組と、そのなかでも別格な存在であり、NBAの潮流を大きく変えたジョーダン。2度のスリーピートを達成し、シカゴに王朝を築いた彼が、もしあの時スルーされずブレイザーズに指名され、スコッティ・ピッペンやフィル・ジャクソン・ヘッドコーチ(HC)と出会うことがなかったら、まったく違った物語が展開されていたはずだ。そしてNBAの近代史も、まるっきり違うものになっていただろう。  ドラフト史上最悪のスルーは、なぜ起こったのだろうか――。  

【関連記事】