Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラグとカーテンを外したら体感温度が涼しく。夏のインテリアのコツ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

気温が高くなるこれからの季節は、インテリアも夏仕様に変えて、おうち時間をより快適にしたいもの。 整理収納コンサルタントのmujikkoさんに、いつものお部屋をぐっと涼しげな雰囲気にするコツを教えてもらいました。 冬のリビングの様子<写真>

ものを減らして色を絞り、軽やかな夏のインテリアに

蒸し暑い時季を快適に過ごすために、mujikkoさんが心がけているのが、「ものを減らして、軽やかな空間をつくる」こと。 「ものが多いと、圧迫感が出て暑苦しくなってしまうので、ラグや厚地のカーテンは外し、床置きのものを減らすことで、見た目に涼しく過ごしやすい部屋になりますよ」

こちらが夏のインテリア。床が広々してすっきりした印象。モビールが風に揺れる様も涼しげです。

冬の間はこのようにテレビの前にラグとこたつがありましたが、夏はきれいさっぱり片づけてローテーブルも置きません。

●夏はラグもローテーブルもなくていい 暑い時季はラグもローテーブルも置かず、子どもも犬ものびのび過ごせる空間に。 「夏は裸足で過ごすことが多いので、床が汚れがち。床にものがなければ、ふき掃除もラクです」

●レースカーテンのみで見た目をすっきり 厚手のカーテンは重く見えるので外し、白のレースカーテン1枚だけに。 「すっきり軽やかな雰囲気になり、見た目もさわやか。お手入れも自宅の洗濯機で手軽にできます」

●リビングのものはテレビ下に収まるだけ ゲームや充電コード類、プリンターなどリビングで使うものはすべてテレビボードの中へ。 「戻しやすいように余裕をもたせた収納にし、あふれた分はそれぞれの個室へ戻すルールにしています」

どうしてもリビングに集まる日用品は、目隠しテクですっきり

ものを減らすのが大事といえど、生活の中心となるリビングには、細かいものがどうしても集まりがちです。たとえばバッグ、ハンドクリーム、ヨガ・筋トレ用品など…。それらを上手に目隠ししつつ、リビングに収納するテクニックをご紹介します。

●フタつきのバスケットで小物を目隠し バスケットの中にはヨガマットや夫の筋トレグッズ。 「しまい込むと運動がおっくうになるので、目隠ししつつリビングへ。思い立ったときにすぐ出せるようにしています」

【関連記事】