Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全国輸送 運送業初、新型コロナ破産へ 負債10億6500万円

配信

茨城新聞クロスアイ

帝国データバンクは7日、一般貨物自動車運送業の全国輸送(鉾田市沢尻)が東京地裁から破産手続き開始決定を受けたと発表した。決定は6日付。新型コロナウイルス感染拡大で輸送量が減ったのが要因。負債は2019年3月末時点で約10億6500万円。運送会社の新型コロナ関連倒産は全国で初めて。 同社は1986年7月設立。本社機能は東京都内にあり、本県では過去に鉾田市やひたちなか市などに複数拠点を構えた。 コンテナ輸送が主体で、東京、千葉、茨城の3都県を中心とした関東一円を営業圏に、北海道産の乳製品や食料品を配送していた。社有不動産の賃貸や関係会社に対する車両のリースも手掛け、2019年3月期の売上高は約15億7400万円だった。 だがドライバー不足に伴う人件費の高騰や外注利用の増加で収益が悪化し、16年3月期には債務超過に陥っていた。さらに新型コロナ感染拡大で輸送量が減少し、収入の落ち込みから資金繰りが悪化した。数カ月前には鉾田市沢尻の大洗営業所を撤退したという。

茨城新聞社

【関連記事】