Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

青森の駅にそびえる「巨大土偶」地元民の衝撃が愛着に変わった30年 当初はクレーム…「もう見慣れた」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

敷地内に巨大な「土偶」がそびえている――。そんなエピソードで、全国的に注目を集める駅が青森県にあります。地元から出土した遺跡が由来という、ロマンあふれるルーツを持ちながら、かつては周辺住民から「怖い」と恐れられました。しかし、その存在を愛する人々の手によって管理されるうち、観光資源として欠かせなくなったそうです。30年以上、古里とともに発展してきたモニュメントの魅力について、大きな物を撮り続ける写真家・半田カメラさんにつづってもらいました。 【画像はこちら】夕闇に浮かぶ17メートルの巨体、7色に輝く目…まさに「ラスボス級」壮大すぎる姿

街の風景を引き裂く「巨大土偶」

駅とは電車を乗り降りし、旅の起点となる場所。通常は、旅の目的地になることはありません。一方で街の玄関口であるからこそ、地域を代表するものが装飾されていたり、有名建築家が設計を手がけていたりと、実は興味深い建物であることが多いとも思います。 青森県つがる市にあるJR五能線の木造駅(きづくりえき)は、一度は生で見てみたいと思わせる強烈な存在感を放っています。少なくとも私にとっては、旅の目的地となりえる駅です。 私が木造駅を初めて訪れたのは、今から6年ほど前。本来なら列車からホームに降り立ち、目的の駅舎に入るのが理想です。ただ残念ながら、そのときは車での旅でした。 のどかな田園風景から市街地に入り、駅へと向かう曲がり角を折れると、前方突き当たりに突然、赤黒い巨大なモニュメントが現れたのです。静かな街の風景を引き裂くような姿でした。私は引き寄せられるように近づいていきました。 高さ約17メートルの巨大な土偶は、市内から出土した遮光器土偶(しゃこうきどぐう)をかたどったもの。それが駅舎の壁面に寄りかかるように、いや、めり込むように駅舎と同化しているのです。 「大の字」のポーズをとっているようにも見える体勢のせいでしょうか。RPGゲームのラスボス並みの風格が漂います。正直に言うと、最初は少し怖く感じました。 しかし時間が経つにつれ、愛らしく思えてくる不思議な魅力がありました。地元の方もそう思っているのでしょう。モデルとなった遮光器土偶と同じ「シャコちゃん」という、キュートな愛称で呼ばれているそうです。

【関連記事】